お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2020年10月26日

12387:モニターを新品に買い替えると、目の疲れを軽減できる理由6つ:記事紹介

清澤のコメント:私は、自分が今使っているモニターにどの機能がついているのかお把握できてはおりませんが。新しいディスプレーには目の疲労を軽減するいくつもの機能が搭載されているというライフハッカーのじ記事を抄出紹介します。2020.10.24 https://www.lifehacker.jp/2020/10/reasons-new-monitor-reduce-eye-strain.html

  ―――抄出――

眼精疲労の症状が出ているときは、スクリーンを見る時間を減らすことが一番です。しかし、それがわかっていても、PCのモニターから目を離す余裕がないようなら、眼の負担を減らす方法があります。それは新しいモニターを購入することです。その理由を説明します。

1.新しいモニターにはDC調光機能がある

2.新しいモニターには明るさを自動調整する機能がある

3.新しいモニターは照り返しを防ぐ

4.眼に優しい「曲面モニター」が手に入りやすくなった

5.新しいモニターはブルーライトを低減する

6.新しいモニターは眼に優しい高さや角度に調整しやすい

1.新しいモニターにはDC調光機能がある

LEDの光を弱める方法は、PWM調光(点滅する間隔で明るさを制御)とDC調光(スクリーンに流す電流で明るさを制御)の2つがあります。DC調光は、ダイオードに入る電力を調整します。流れ込む電力が減ると、LEDの明るさも低下します。PWM調光のときのような、ちらつきは生じません。

2.新しいモニターには明るさを自動調整する機能がある

最近のモニターは自動で明るさを調整する機能があるものが増えています。バックライト付きのKindleを使用したことがあるなら、この機能は体験済みでしょう。こうしたモニターには光センサーがついていて、常にスクリーンの明るさを最適なレベルに調整します。

3.新しいモニターは照り返しを防ぐ

モニターに光沢(グレア)があり、多くの光を反射すると、眼に必要以上の負担がかかります。モニターのグレアと照明や外光の反射があると、眼は焦点を合わせるのが大変に。結果、眼精疲労の原因になります。今はアンチグレア(非光沢)処理を施したモニターが簡単に手に入ります。

4.眼に優しい「曲面モニター」が手に入りやすくなった

スクリーンの両端が前方に向かって湾曲している「曲面スクリーン」は、どんどん一般的になっています。調査によると、実際には眼に優しいことがわかっています。視線を平面スクリーンの中心から外側に移動させると、眼とスクリーンの距離が変化するので、焦点をすばやく合わせ直す必要があります。「曲面モニター」は、焦点距離をより均一に保ち、眼が迅速な焦点の合わせ直しを無限に行う必要が無くなります。

5.新しいモニターはブルーライトを低減する

モニターのメーカーは、スクリーンから放出されるブルーライトを制限することで、眼精疲労を軽減するようにしています。

6.新しいモニターは眼に優しい高さや角度に調整しやすい

最新のモニターだと、高さ、視野角度、さらにはモニターの向きまで簡単に調整できます。正しい角度に設定されたモニターは、快適な仕事場に無くてはならないものです。最適な視野角度は水平より20〜50度下になります。水平より20〜50度下という角度は、人間が本を読むときの角度に近いことが指摘されています。

眼精疲労の原因になる古いモニターは買い替えを検討する

最後にモニターをアップグレードしてから長期間たっているなら、買い替えどきかもしれません。特に、毎日何時間もスクリーンを見て過ごしているなら、潮時です。手元の古いモニターが、そうした機能を1つか2つしか備えていないと、かなりの差が出ます。眼精疲労があると思われる場合は、目が離せない症状がいくつか出ているはずです。

Categorised in: 視力低下