お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2021年11月21日

13147:13147:13147:近視性黄斑症の国際写真分類および等級付けシステム:大野京子教授の論文紹介です

清澤のコメント:「近視性黄斑症の国際写真分類および等級付けシステム」Am J Ophthalmol 2015年5月; 159(5):877-83.の要点引用です。眼科のカルテに、これらの言葉を使って記載できるとよいかと思います。doi: 10.1016/j.ajo.2015.01.022. 大野京子 他

概要

目的:近視性黄斑症の分類および等級付けシステムを開発すること。

設計:観察症例シリーズに基づく近視性黄斑症の分類システムの開発と評価。

方法:近視性黄斑病変の包括的なセットは、文献レビューおよび網膜専門家と臨床医科学者の間のコンセンサス会議を通じて定義された。近視性黄斑症の分類は、眼底写真と修正されたプロセスおよびコンセンサスに基づいて策定された。一致(%)および加重カッパ値として評価された観察者間および観察者内の再現性が評価された。東京医科歯科大学の高度近視クリニックの症例シリーズから、近視および近視性黄斑病変を伴う100枚の網膜写真が選択された。

結果:「近視性網膜変性病変なし」(カテゴリー0)、「テッセレーション眼底(豹紋状眼底)」(カテゴリー1)、「びまん性脈絡網膜萎縮」(カテゴリー2)、「斑状脈絡網膜萎縮」(カテゴリー3)、近視性黄斑症および「黄斑萎縮」(カテゴリー4)の5つのカテゴリーを定義した。

これらのカテゴリーを補足する3つの追加機能は、「プラス」病変、すなわち、ラッカークラック、近視性脈絡膜血管新生、およびフックススポットとして定義された。

後部ブドウ腫は、近視性網膜症のさらなる重要な兆候と見なされていた。

オブザーバー内の一致は85%以上であり、対応する加重カッパ統計はオブザベーション間で0.6以上でした。簡単なトレーニングセッションの後、観察者間のカッパ統計は、事前定義された満足のいくレベル(≥0.4)に達しました。上記の中程度の合意と見なされます。

結論:再現性があることがわかった近視性黄斑症の分類システムを提案する。さまざまな研究で統一された分類を適用すると、臨床試験と疫学研究の結果の伝達と比較が容易になります。

追記を記載しておきます::eyewikiの病的近視部分から(https://eyewiki.aao.org/Pathologic_Myopia_(Myopic_Degeneration))

サイン

進行性網膜色素上皮(RPE)の菲薄化と減衰は、眼底全体のさまざまな臨床段階で発生します。RPE萎縮の不規則な分布と可変光反射に対応するテッセレーションされた外観は、高近視の若い患者でも認められる可能性があります。RPEの減衰が視神経乳頭を取り囲む場合、この色素沈着の少ない所見は乳頭周囲の萎縮として説明されます。

一般的に、視神経乳頭は正面が楕円形であり、傾斜した円盤と呼ばれます。視神経は、細長い球体に斜めに挿入されているように見えます。傾斜した外観は、乳頭周囲の強膜の拡張に一部起因する椎間板の一時的な平坦化を特徴とします。その結果、強膜が直接見えるところに、色素沈着の少ない近視の三日月形または近視の円錐(コーヌス)が見られます。中等度の疾患では、脈絡膜血管が萎縮性RPEの下でより顕著に見られます。ただし、進行性疾患では、脈絡膜自体も萎縮し、脈絡膜血管が目立たなくなる可能性があります。

ラッカークラックは、後極によく見られる不規則な黄色の帯であり、軸方向の長さが26.5mm以上の眼の4.2%に見られます。[2]  これらはブルッフ膜の破壊を表しており、将来の脈絡膜血管新生(CNV)の病巣である可能性があります。ラッカークラックのある患者のうち、29.4%が最終的にCNVを発症することが報告されています。[10] 時間の経過とともに、これらの断裂は拡大および拡大する可能性があり、後期段階では、進行した非血管新生の加齢性黄斑変性症(AMD)に見られるものと同様の地理的萎縮の外観に似ている可能性があります。

フックススポット(フォースターフックススポットとも呼ばれる)は、以前に退行したCNVに対するRPEの反応であると疑われるRPE過形成の領域です。近視性CNVは、高近視における視力喪失の最も一般的な原因であり、病的近視の症例の5%から10%で報告されています。[10] [11]

通常、視神経乳頭または黄斑を含む強膜組織の突出を特徴とするブドウ腫(Staphylomataの発生は、一般的な発生であり、高度近視の眼の35で推定されます。[12]  これは、生体顕微鏡では理解するのが難しい場合がありますが、光コヒーレンストモグラフィー(OCT)またはBスキャン眼科超音波で明らかです。ブドウ腫は一般に、ラッカークラック、RPE減衰、網膜上膜、黄斑または中心窩の分裂に関連しています。

分類

病的近視の集中的な定義と用語がないことを考えると、高近視の専門家の国際的なグループは、病的近視のメタアナリシス(META-PM)に基づいて単純化された体系的な分類を開発しました。近視性黄斑症は、萎縮性変化に基づいて5つの異なるカテゴリーに分類されました。

  • カテゴリー0:黄斑変性病変なし
  • カテゴリ1:テッセレーションされた眼底のみ
  • カテゴリー2:びまん性脈絡網膜萎縮
  • カテゴリー3:斑状脈絡網膜萎縮
  • カテゴリー4:黄斑萎縮

最近、病的近視による黄斑変化を伴う多くの患者が、萎縮中心の分類システムによって十分に表されていないことが注目されている。近視性黄斑症に対して新たに提案されたATN分類システムには、萎縮性(A)、牽引性(T)、および新生血管(N)のコンポーネントが含まれます。

Categorised in: 近視、強度近視