お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2021年8月20日

13053:退院した患者におけるCOVID-19の6か月の結果:コホート研究:ランセット論文紹介です

清澤のコメント:退院後6日月経って76%の患者さんは重い全身の後遺症を示して居るというランセットの記事紹介ですです。

Chaolin Huang ほか。DOI: 10.1016 / S0140-6736(20)32656-8  2021年1月16日; 397(10270):220-232。

概要

背景: COVID-19の長期的な健康への影響はほとんど不明なままです。この研究の目的は、退院したCOVID-19患者の長期的な健康への影響を説明し、関連する危険因子、特に疾患の重症度を調査することでした。

方法: 2020年1月7日から2020年5月29日までの間に金銀丹病院(中国、武漢)から退院したCOVID-19が確認された患者の両方向コホート研究を行いました。精神障害、認知症、再入院などでフォローアップが困難な人、骨関節症を伴うため自由に動けなくなった人、脳卒中や肺塞栓症などで退院前後に動けなくなった人、参加を拒否し、連絡が取れなかった人々、武漢の外に住んでいる人々、または養護施設や福祉施設に住んでいる人々はすべて除外されました。すべての患者は、症状と健康関連の生活の質を評価するための一連の質問票にインタビューされ、身体検査と6分間の歩行テストを受けました。血液検査も受けました。 層化抽出法を使用して、入院中の最高の7段階のカテゴリスケール(3、4、および5〜6)に従って患者をサンプリングし、呼吸機能検査、胸部の高解像度CT、それに超音波検査を行いました。中国でのSARS-CoV-2抑制のためのロピナビル試験に参加した登録患者は、重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2抗体検査を受けました。多変量調整線形ま​​たはロジスティック回帰モデルを使用して、疾患の重症度と長期的な健康への影響との関連を評価し、超音波検査も行いました。中国でのSARS-CoV-2抑制のためのロピナビル試験に参加した登録患者は、重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2抗体検査を受けました。多変量調整線形ま​​たはロジスティック回帰モデルを使用して、疾患の重症度と長期的な健康への影響との関連を評価しました。

調査結果: 合計で、736人が除外された後、COVID-19で退院した2469人の患者のうち1733人が登録されました。患者の年齢の中央値は57・0(IQR 47・0-65・0)歳で、897(52%)が男性でした。追跡調査は2020年6月16日から9月3日まで行われ、症状発現後の追跡期間の中央値は186・0(175・0-199・0)日でした。倦怠感または筋力低下(63%、1655年の1038)および睡眠障害(26%、1655年の437)が最も一般的な症状でした。不安またはうつ病は、患者の23%(1617人中367人)で報告されました。正常範囲の下限よりも短い歩行距離の中央値の割合は、重症度スケール3で24%、重症度スケール4で22%、重症度スケール5〜6で29%でした。拡散障害のある患者の対応する割合は、重症度スケール3で22%、スケール4で29%、スケール5〜6で56%でした。CTスコアの中央値は、重症度スケール3で3・0(IQR 2・0-5・0)、スケール4で4・0(3・0-5・0)、5・0(4・0-6・)でした。 0)スケール5〜6の場合。多変量調整後、患者はスケール4とスケール3でオッズ比(OR)1・61(95%CI 0・80-3・25)、スケール5で4・60(1・85-11・48)を示しました。拡散障害のスケール3に対して6。OR 0・88(0・66-1・17)はスケール4対スケール3、OR 1・77(1・05-2・97)はスケール5-6対スケール3、不安またはうつ病、OR0・スケール4対スケール3では74(0・58-0・96)、スケール5-6対スケール3では2・69(1・46-4・96)、倦怠感または筋力低下。フォローアップ時に血液抗体を検査した94人の患者のうち、中和抗体の血清陽性(96・2%対58・5%)および力価中央値(19・0対10・0)は急性期と比較して有意に低かった。 以上の急性期では、EGFRを有していたより少ない1・73メートルあたり90 mL /分よりフォローアップ時。

解釈: 急性感染から6か月後、COVID-19の生存者は主に倦怠感や筋力低下、睡眠障害、不安やうつ病に悩まされていました。入院中に重症になった患者は、肺拡散能の障害と胸部画像の異常症状がより深刻であり、長期的な回復の介入の主な対象集団です。

資金提供: 中国国立自然科学財団、中国医学アカデミー医科学革新基金、中国国立主要研究開発プログラム、肺結核の新薬の作成と開発に関する国立科学技術の主要プロジェクト、および北京協和医学大学財団。

Categorised in: 未分類