お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2021年3月10日

12681:区東部糖尿病医療連携とは:登録医名簿が届けられました

区東部というのは墨田区(76名)、江東区(117名)そして江戸川区(116名)で、登録医の間で区東部糖尿病医療連携が平成19年7月1日から実施されています。その登録医名簿というものが医院に届きました。(清澤眼科もこの連携組織に加入しています。)その概要をおさらいしてみます。

連携実施の手引き

1,登録医は二次医療圏のA及びB会員および、この地区にある医療施設に勤務する非会員医師。

2,糖尿病医療連携とは実施ガイドラインによって紹介・逆紹介の目的を確認。患者んシステムを良く説明したうえで紹介目的を患者と共有し、「登録医名簿」から適切に決める。

3,患者医療情報の共有(糖尿病医療連携用手帳セット):患者が受診の都度所定データを記録し、患者と情報の共有を図る。糖尿病連携手帳と糖尿病眼病手帳をセットにする。

4,登録医に3か月ごとにそのセットの利用数を事務局から文書で確認する

医療連携実施ガイドライン:

1,かかりつけ医から紹介のタイミング

1)糖尿病急性合併症出現時、2)血糖コントロール困難時、3)インスリン注射導入時、4)慢性糖尿病合併症の発見と進行防止の医療(a眼科合併症,b 心・脳血管障害)、5)患者教育、6)合併症早期発見のための定期検査、7治療方針のアドバイス要請

2,病院からの逆紹介のタイミング

3,患者医療情報の共有

連携検討委員会の主な事業

1,症例より学ぶ会。2)療養指導を学ぶ会。3)登録管理栄養士の連携推進事業。4)区東部糖尿病連携ニュース。5)糖尿病地域連携の登録医療機関(保険局のホームページに掲載とのこと)

Categorised in: 未分類