お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2020年6月16日

11992:順天堂大学とJJビジョンケアがモバイルヘルスを用いた共同研究を開始:プレスリリースから

清澤のコメント:産学共同での研究体制としては慶応大学の坪田ラボが知られているが、順天堂大学もジョンソン社との共同研究を大々的に始める姿勢が整った模様です。

順天堂大学とJJビジョンケアがモバイルヘルスを用いた個人の健康データ活用に関する共同研究を開始:プレスリリースから

https://www.juntendo.ac.jp/news/20200512-02.html

ドライアイや眼精疲労などの医療アプリ分野で豊富な実績を誇る順天堂大学と、クオリティ・オブ・ビジョン(QOV)への貢献を使命とするジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 が、個々の患者にあった最適な予防・治療の実現に向けた共同研究に着手する。スマートフォンやウェアラブルデバイスなどのモバイルヘルスをはじめとしたIoMT機器から個人情報を収集、人工知能(AI)を活用した  疾患発症リスクの予測や行動変容の促進、ならびに個別化医療・先制医療に向けた医療システムの構築を目指す。(詳細は上のプレスリリースをご覧ください。)

第1段階:モバイルヘルスを用いた個人の健康データの収集の有用性と妥当性を検証

第2段階:モバイルヘルスによる疾患予測や行動変容の促進とその効果を検証

第3段階:診断支援のためのインフラを開発

Categorised in: ご近所の話題, 未分類