お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2019年10月20日

11194:韓国の経済が超ヤバい現状とは

清澤のコメント:ブレグジットはとりあえず棚上げへ。韓国情勢は少し落ち着いた感もありますが、同国の経済は非常に危うい状況であることは変わりません。今後ウォン安が突出してデフォルトになり、それが世界経済危機に繋がる恐れもあります。韓国から国際資本が逃げ出し続けているという話もあります。文大統領は大いに問題ありですが、韓国国民を嫌う必要はありません。いざとなれば、日米政府が、それを支える方向で動く方が損害も少なかろうかと思うのですけれど。

諸々のニュース:

◎まず: 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が世界に恥をさらした。国際通貨基金(IMF)は15日、韓国の2019年と20年の成長率見通しを大幅に引き下げたが、2日前に大統領府(青瓦台)が楽観的な見解を示したばかりだった。

◎次に、神王TVでは、韓国の経済が超ヤバい現状について:

韓国の経済が超ヤバい現状とは? 韓電の総負債は173兆3422億ウォン、サムスン電子は第3四半期の営業利益が前年同期比で56%減などが明らかに サムスンは韓国のGDP(国内総生産)の15%程度を占め、上位10社の売り上げを合計するとGDPの45%程度にも達する!? 営業利益の70%程度が半導体事業 

ちなみに、日本だとGDPに対してトヨタ自動車が1% ビールやユニクロなどの不買運動は続くが、レクサスの販売台数は前年同期比では50%増 

米中貿易戦争の影響で、今年の韓国の輸出減少率が世界10大輸出国の中で最も大きいことが分かったとの報道

曺国(チョ・グク)氏 法相を突然辞任。韓国ではその辞任を当然視する声が多い。世論調査会社「韓国ギャラップ」によると、曺氏の辞任に国民の64%が賛成、反対は26%だった。「辞任が遅過ぎる」との意見が韓国社会では多いようだったが、筆者としては就任わずか1カ月余りでの辞意表明に、むしろ呆気なさを感じた。

訪日する李洛淵首相に丸投げ

 文大統領は、10月22日に行われる天皇陛下の「即位礼正殿の儀」に、政権ナンバー2の李洛淵(イ・ナギョン)首相を出席させる。安倍首相との会談も予定され、文大統領の親書を手渡すことも検討されている

Categorised in: 未分類