お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2019年8月15日

10993:世界が激動です

① 香港に接する深圳に人民武装警察(武警)の車両が集結しているとの中国側の報道を受け、中国が直接鎮圧に乗り出すのではないかとの観測が広がっている。ただ、踏み切れば中国側が受けるダメージも大きい。」

 13日にはトランプ米大統領が「我々の情報によれば、中国政府は香港の境界へと部隊を移動させている」とツイート。撮影した衛星写真では12日に撮影したもので、2万人収容の競技場内に100台以上のトラックのような車両が並んでいる。

②目を負傷した女性を模して抗議を行う若い女性、香港国際空港で(GettyImages)

週末には、警察が地下鉄駅でデモ参加者に向けて至近距離で催涙ガスやゴム弾を発射。衝突の中で、ある若い女性はゴム弾に右目を直撃され、重傷を負った。失明の恐れがあるという。

警察隊のエスカレートする暴力行為はさらなる抗議を招いた。空港における座り込み集会に5000人以上の若者が参加した。抗議者たちは、「HK Police Are Killing Us(香港警察は私たちを殺している)」「An Eye for An Eye(目には目を)」「自ら最高責任者を選びたい」などのスローガンを掲げた。また、ならず者が警官を装ったと思われる「闇の警察」を非難する言葉も見られる。

座り込みデモに参加した一部の女性たちは、香港警察の残忍さに抗議するため、目に眼帯を当てたり、絆創膏を付けたりした。

③Sarah Ponczek 2019年8月13日 10:15 JST

  • 1日の下落率としてはスリランカ株指数の1989年の60%強に次ぐ規模
  • アルゼンチンは2002年にも同程度の大幅安に見舞われた

アルゼンチン大統領選挙予備選での予想外の結果を受けて同国金融市場が混乱し、株価指数のS&Pメルバル指数はドルベースで48%の大幅安となった。

  ブルームバーグが1950年までさかのぼって集計した94の株式市場の指数の1日の下げとしては過去2番目の規模。過去最大の下げは、内戦下にあったスリランカの株価指数が1989年6月に記録した60%強。