お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2019年8月2日

10971:ドイツ債、30年物利回りがゼロ下回る-全年限が初めてマイナスに沈む

ドイツ債、30年物利回りがゼロ下回る-全年限が初めてマイナスに沈む:

清澤のコメント:このニュースの意味が分かりません??何か大変なことが起きているのでしょうか?:: 米中貿易摩擦の再燃が世界経済を下押しするとの懸念が広がった。リスク資産を敬遠する雰囲気が強まり、相対的に安全資産とされるドイツ国債に買いが向かった。 ということなのですね。

John Ainger

2019年8月2日 19:38 JST

2日の欧州債市場でドイツ国債が下落し、30年物の利回りが初めてゼロを下回った。これで、ドイツ国債のイールドカーブ全体がマイナス圏に沈んだことになる。米中貿易摩擦の悪化が債券買いを促した。

  ドイツ30年債利回りは10ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下のマイナス0.002%。10年債は5bp低下しマイナス0.50%と、こちらも過去最低を更新した。

  トランプ米大統領は1日、現時点で制裁関税の対象となっていない3000億ドル相当の中国製品に対して新たに関税を賦課する方針を明らかにした。

追伸:

ドイツ30年物国債、初のマイナス利回り リスク回避の買い 

国際・アジア2019/8/3 4:00 保存 共有 印刷その他

【NQNロンドン=椎名遥香】2日の欧州国債市場でドイツの30年債がマイナス利回りで取引された。一時前日比0.09%あまり低いマイナス0.006%を付けた。独10年債はすでにマイナス利回りで取引されているが、30年債では初めて。米政権が対中追加関税「第4弾」の発動を表明し、米中貿易摩擦の再燃が世界経済を下押しするとの懸念が広がった。リスク資産を敬遠する雰囲気が強まり、相対的に安全資産とされるドイツ国債に買いが向かった

ドイツの10年債利回りは一時マイナス0.502%をつけ、過去最低を更新した。

Categorised in: 未分類