お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2019年6月13日

10815:恐るべき近未来:2050年までに人類の文明は崩壊

清澤のコメント:「不都合な真実」という言説とこのお話は同じ趣旨ではとおもったのですが? 「不都合な真実 」はアル・ゴアが地球温暖化を喧伝するスライド講演に、彼の生い立ちを辿るフィルムを交える構成のドキュメンタリー映画である。過去の気象データや温暖化により変化した自然の光景を用い、環境問題を直視しない政府の姿勢を批判しており、自然環境を意識しつつ日常を生活する重要さを訴えていた。これに対して、今回の新しい研究は、人間の文明は2050年までに崩壊する可能性が高いと伝えた

ビクター・タンガーマン サイエンスフィクションビジョン

VICTOR TANGERMANN

悲惨なオーストラリアの気候変動分析には悪い知らせがあります。差し迫った気候変動の脅威に取り組まないと、2050年までに人類の文明は崩壊するでしょう。

分析では、気候変動は「地球起源の知的生命体の時期尚早の絶滅または望ましい将来の発展のためのその潜在的な潜在的な破壊を脅かす」「気候変動は「現在のそして存在する国家安全保障リスク」であると結論づけている。言い換えれば、世界は「私たちが知っているように、人間の文明と現代社会の終わりへの道を進んでいる」のです。

復帰不能点

2050年までに、人間のシステムは「不在のポイント」に到達することができました。そこでは、「ほとんど住むことができない地球の見通しは国家の崩壊と国際秩序をもたらします」。それゆえ、この論文は、「第二次世界大戦の緊急動員に匹敵する規模の」社会全体にわたる緊急の動員と資源の動員を求めていると主張している。

人類の終わり

その解決策の一部は、「二酸化炭素ゼロのエネルギー供給と、ゼロカーボンの産業戦略を構築するための主要な電化のマーシャルプラン型の建設」です。目標は、地球温暖化を1.5℃に制限することであり、これまでの報告では警告されていませんでした。「2℃の温暖化でも、10億人以上の人々が移住する必要があるかもしれず、ハイエンドのシナリオでは、破壊の規模は人間の文明が終焉を迎える可能性が高いとモデル化する能力を超えています」

新しい報告書は、2050年に「人間文明が終焉を迎える可能性が高い」と示唆している

Categorised in: 未分類