お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2019年6月11日

10808:ジェネリック医薬品差額通知書が患者さんに送付されるそうです

ジェネリック医薬品差額通知書が送付されるそうです

第一回ジェネリック医薬品差額通知書の送付に伴う周知という連絡が届きました。患者さんに直接に働きかけることで、医療費の削減を進めようということのようで、それを各医療機関も了解してほしいということの様です。

東京都医師会会長名で江東区医師会保健部部長宛に下記の通知が来て、それが医師会会員の当医院にも通知されたというわけです。

『東京都後期高齢者医療広域連合(以下:広域連合)では、医療費の患者負担額の軽減や医療保険財政の健全化に向けた取り組みとして、被保険者宛に先発医薬品からジェネリック医薬品に変更した場合、自己負担額がどの程度軽減されるかを記載した差額通知書の送付を下記の通り実施いたします。(中略)対象者は、平成30年12月・平成31年1月・2月診療分の医科・調剤レセプトを対象に生活習慣病や慢性疾患等で先発医薬品を服用している方で、ジェネリック医薬品に切り替えた場合に自己負担額の軽減額が150円以上見込まれる広域連合の被保険者。(以下略)』とのこと。

注:データホライゾン社はこのような書類発行サービスをしている会社ですが、そのページを見ると、すべての後発品使用の可能性を指摘するのではなく、見込みを付けてそのカテゴリーの患者に働きかけるようです。

Categorised in: 未分類