お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2019年6月11日

10804:AIがゆっくりと人間の顔を忘れていく:記事紹介

清澤のコメント:AIが認識した人の顔の画像を順に劣化させると、あたかも老化し、死後の変化を思わせる画像になって行くという事らしいのですが、日本語の記事の原典に戻って、元記事の一部を採録しました。( https://www.vice.com/en_us/article/evym4m/ai-told-me-human-face-neural-networks

VICEによる技術 サマンサコール
2019年6月4日12時15分
AIがゆっくりと人間の顔を忘れているのを見るのは非常に不気味です
ニューロンがゆっくりとスイッチオフするニューラルネットワークのこの時間経過は、機械学習における悩みの種の実験あるプログラマーが、アルゴリズム的に生成された顔を作成し、それから自分の顔がどのように見えるかをネットワークにゆっくりと忘れさせました。

その結果、「暗闇の前に私が見たこと」と題されたビデオ作品は、人工ニューロンが1つずつオフになっているHAL 9000スタイルとして、痴呆性AIの心の内側の不気味なコマ撮りです。

ネットワークの頭の中の顔は現実の世界には存在しません。代わりに、既存の写真から新しいものを生み出すために「学習」する一種の機械学習プログラムである、生成的な敵対的ネットワーク(GAN)によって構成されました。この場合、GANは現実的な人間の顔を作り出すために何百万もの肖像画を訓練しました。人間の脳がニューロンのネットワークを使って顔の精神的なイメージを構築するのと同様に、ネットワークの相互接続されたニューロンが彼女の 目、肌の色、形、髪の毛 といった特徴を決定します。

それから、プロジェクトの作成者、つまり「AIと話す少女」をEメールで単に行ったアーティストは、AIが徐々に個々のニューロンを遮断し、ネットワークが事実上顔の見え方を「忘れる」までプロセスを繰り返すと語った。

効果はかなり不気味です。最初は、生成された顔が老化しているようです。線が目の下や顔の周囲に現れ、髪の毛が薄くなり、色が薄くなります。数秒後、まったく異なる何かが始まります。彼女の肌は緑がかった色合いに変わり、ニューロンが暗くなり続けるにつれて彼女の特徴は洗い流され始めます。 60秒以内に、彼女は完全に分解されました – 白と茶色の汚れ以外は何もありません。

「プロジェクトの背後にあるインスピレーションは、人間の知覚の熟考に根ざしている」とクリエイターは言った。 「私たちが目にするものはすべて、周囲の世界に対する脳の解釈です。この構成されたイメージを除いて、人は外の現実にアクセスすることはできません。」

:このAIツールであなたのペットを他の種に変える(以下略:自分の顔を入れると似た動物の顔がしめされるらしいですよ。 https://www.vice.com/en_us/article/nea737/face-swap-deepfake-pets-into-another-species-ai-tool-nvidia (清澤))

Categorised in: 未分類