お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2019年2月20日

10483:雨のあとは花粉の飛散が特に多くなる。花粉症対策を!

花粉飛散開始日とされる2月14日のバレンタインデーが過ぎて、東京でもここ数日花粉症に対する処方を求める患者が増え始めています。気温の変化が大きい時期ですが、全国的に最高気温は平年より高い日が続きそうとのこと。天気は低気圧と高気圧が次々に日本付近を通過するため、この時期らしく短い周期で変わります。

江東区では19日夕刻には雨が降って気温も低めでしたが、本日水曜日の20日には天気も回復するらしい。雨のあとは花粉の飛散が特に多くなるそうだから。眼科医院としても花粉症患者の来院が増えることに対する心構えをしよう。スギ花粉症を持っている市民の皆さんには、 しっかり対策をしていただきたい。それには 晴れた日でも洗濯物は室内に干したり、外出の際はマスクやメガネを着用したり、といった対策が必要です。

さらに、眼科の診療所であれば、①科学的顔材物質遊離阻害薬(ケミカルメディエータ放出阻害)と抗ヒスタミン効果とを持つアレジオンなどの点眼薬の使用。②同様の効果を持つ薬剤の内服処方、③それにさらに鼻詰まりなどをしめし必要ならステロイドを含む点鼻薬の処方も考えられるでしょう。

Categorised in: 未分類