お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2019年1月11日

10384:1)白内障  柴琢也(慈恵医大)

1)白内障  柴琢也(慈恵医大):角膜などに混濁がある症例での白内障手術のコツをお話になりました。スリット照明や、特に経毛様体部から道具を差し込んでの照明が有用だそうです。CCCでは、前嚢を混濁部の中では持ち直さぬこと。フェイコは角膜透明部分で行うことなどもお話になりました。最近は日本人には少ないとされていた角膜グッタータ(角膜滴状変性)もよく見られるようで、そのような例では内皮に要注意とお答えになっていました。

Categorised in: 未分類, 白内障