お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2018年12月20日

10349:空中ケーソンの労働者の危険因子としての近視の発達

空中ケーソンの労働者の危険因子としての近視の発達

2002年12月
・British Journal of Ophthalmology 86(11):1274-7
A Onoo · M Kiyosawa · H Takase · Y Mano
DOI: 10.1136 / bjo.86.11.1274
空気式ケーソン工学は、大規模な土木工事のために開発されました。空気圧ケーソンで働く要員の視界がぼやけるという不満のため、近視の発症が疑われた。この研究の目的は、ぼやけた視野の原因と変化の根底にあるメカニズムを特定することでした。 12人のケーソン作業者は、空気式ケーソンで11週間の作業(週4日)を完了した後、完全な眼科検査を受けた。 6ヵ月後、9人の労働者が再び検査された。最初の検査では9人の被験者が近視眼であり、7人が空気式ケーソンで作業を開始した後に近視を発症したと考えられた。作業終了6ヵ月後、平均屈折率変化は遠視に有意に変化した。空中ケーソン作業者のぼやけた視界は、近視の発達のために可能性が高い。空気式ケーソンでの作業完了後の遠視に向かう屈折シフトはこれを支持し、変化が一時的であることを実証する。近視は、高圧酸素で治療された患者に見られる近視に類似している。産業衛生管理のために、ケーソン作業者の屈折を慎重に監視する必要があります。

Categorised in: 未分類, 眼科検診

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com