お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2018年12月3日

10313:Q6 眼瞼けいれん,片側顔面けいれんについて教えてください

Ⅲ、あたらいい眼科 第35巻、臨時増刊号、加齢性疾患への対応Q&A 斜視、白内障、神経眼科 Q6 眼瞼けいれん,片側顔面けいれんについて教えてくださいp230-233 (回答者 清澤源弘、小町祐子)の記事を採録します。

Q6 眼瞼けいれん,片側顔面けいれんについて教えてください

■眼瞼けいれんとは,眼輪筋の過度な収縮により開瞼困難をきたす疾患である

■片側顔面けいれんは,顔面神経板部への血管からの圧迫により,口元までを含む顔面の片側に繰り返し強い攣縮を起こす疾患である

■片側顔面けいれんの鑑別には頭部MRIのC:SS法の撮像が望ましい

■いずれの治療にもボツリヌス毒素注射が有効であり,患者の生活の質(QOL)は大きく改善する.

しかし,ボツリヌス毒素注射は対症療法であるため,反復注射を行う必要があることを伝え,理解を得る必要がある.

はじめに

眼瞼けいれんとは,眼輪筋の間欠性または持続性の不随意な過度の収縮により開瞼困難をきたす疾患である。

ほかの神経学的,眼科学的異常が原因となっていないもので,局所性ジストニアの一型に分類される。40歳代以降に多く,女性に多くみられるが,20歳代でもみられる1).

一方,片側顔面けいれんは,顔面神経根部への血管からの圧迫により,口元までを含む顔面の片側に繰り返し強い攣縮を起こす疾患である。

いずれの疾患も重症化すると患者の生活の質(quahty of life:QOL)に大きく影響するため,早期に適切な診断と治療を開始すべきである

症状と原因

眼瞼けいれんの患者は, 日の不快感や羞明を訴えて受診することが多い.もちろん,目の開けづらさなどの運動症状の訴えもみられるが,強い感覚症状を伴うことが特徴的な疾患であることを十分理解しておく必要がある。

「痙攣」は筋の攣縮を示す用語であるため, 目の不快感や羞明を訴えて受診した患者がその診断に納得するのにも十分な説明を要する。眼瞼けいれんの症状は,以下の3症候にまとめられる。

①運動症状:眼瞼の開きにくさ 瞬目のしづらさ,瞬目過多,など.

②感覚症状:羞明感や違和感,不快感(しょぼしょぼ, ごろごろなど).瞬目がうまくいかないためのドライアイ症状も,感覚症状である.

③精神症状:抑うつ感,など.

この3症候について検査・評価を行うことで診断に至る。

眼瞼けいれんは,原因によって以下のように分類される。

①本態性眼瞼けいれん:明確な原因のないもの.

②症候性眼瞼けいれん:パーキンソン病,進行性核上性麻痺,脳梗塞などの疾患に伴い発症するもの.

③薬剤性眼瞼けいれん:抗うつ薬,抗不安薬などの薬剤を長期間服用することで起こるもの.

とくに,①本態性眼瞼けいれんと③薬剤性眼瞼けいれんについては,脳内の糖代謝の変化をみれば両者は同じ現象と考えられる最近話題になりはじめた,外淡蒼球への「深部脳刺激電極埋設手術」は,抑制性の神経伝達を加速させるものとも解釈できる2). 薬剤性眼瞼けいれんの誘因となるベンゾジアゼピン系薬は,睡眠薬や抗不安薬として使用されている脳内の中枢性ベンゾジアゼピンーGABAA受容体に結合することにより神経細胞の興奮性が抑制されるブロチゾラム,ジアゼパムなどが代表的であるチエノジアゼピン系薬のエチゾラム(デパスなど),非ベンゾジアゼピン系薬のゾルピデム酒石酸塩(マイスリーほか)なども同様の作用機序である. 一方片側顔面けいれんにおいては眼の周囲のみならず,頬から口元まで顔の左右どちらかがひきつれるような痙攣症状が起こる眼瞼けいれんと同様に羞明や日 の不快感も訴えるが,その頻度は眼瞼けいれんより低く, 運動症状の訴えが主である片側顔面けいれんの原因は,血管の顔面神経根部への圧迫が大多数を占める。まれに腫瘍や動脈瘤などが原因となることもあるが,いずれにしろ眼瞼けいれんと異なり頭蓋内に器質的病変が存在する疾患である。

眼瞼けいれんの診断

眼瞼けいれんの診断では,感覚症状と痙攣の状態を的確に把握することが重要である.

瞼がピクピクするといった訴えもあるが,このなかにはドライアイや眼精疲労に合併する眼瞼ミオキミアが含まれるため,鑑別を要する。最初に,問診票に記載された内容をもとに,検査前に主訴病歴の簡便な聴取が行われる。検査時の間き取り内容をもとに,診察室では「眼瞼けいれん疑い患者」として観察と諸検査を開始するまず,問診の会話中に眼輪筋の動きに注目し,視診にて限瞼けいれんと片側顔面けいれんを直感的に見きわめることが必要である。 さらに,一般所見に加えて涙液検査を実施し,ドライアイ所見の検索を行う。その後,「眼瞼けいれんの疑い」があることを告げ,精査に回す。

 1.運動症状の評価:(表 1,2,若倉表 )

 はじめに,「眼瞼痙攣調査質問表」10項目について問う(表1)瞬きの頻度や目の開けづらさといった運動症状と,羞明や不快感などの感覚症状の双方についての自覚を問う内容である。

1~2項目で「眼瞼けいれんの疑い」,3項目以上で眼瞼けいれんと診断する。

 ついで,運動症状の評価として以下の三つの随意瞬目テストを行う。

 ①軽瞬前 頭筋を使わずに(眉毛部分を動かさず), 歯切れのよい瞬日をゆっくりとリズミカルに行う。

②速瞬:できるだけ速くて軽い瞬目を10秒間行う

③強瞬:強く閉瞼し,すばやく開瞼する動作を10回行う。

これら3種類の瞬目を 0~ 3の 4段 階で「随意瞬目テスト」(表2)に書かれた基準をもとに評価する。また,患者自身にも自己評価させる

 2.感覚症状の評価

眼周囲の違和感や羞明の有無を聴取するとともに,感覚症状のひとつとしてドライアイの評価を行う。涙液メニスカス,涙液層破壊時間(tear llm break―up time: BUT).点状表層角膜症(superndal punctate keratopathy:SPK)の有無により,涙液の質を評価し,Schirm-er試験により分泌量を確認しておく.

3.精神症状の評価

CES― D(米 国国立精神保健研究所疫学的うつ尺度:Centerf for epidemiologic studies― depresdon scale)  (後半に続く)

Categorised in: 未分類