お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2017年6月21日

8954:ヘルスケア大学運営会社の担当者ご来訪

ヘルスケア大学運営会社の担当者ご来訪:
本日(6月21日)はヘルスケア大学の運営会社担当者の方が医院をお訪ねくださいました。 
私の監修した記事の閲覧総数は約2万件。眼瞼痙攣など、以前から私の監修していた古い記事の閲覧数はそれなりに多数でしたが、最近監修をお引き受けした記事の閲覧数はまだ2桁代と少数でした。
数か月前に他社の医療関連のポータルサイトが批判を集めて閉鎖された事件を受けて、このサイトにも批判が寄せられたので急遽対応中とのお話でした。元から有った約10000件の記事に、再度医師資格を持った人の監修を付け直していて、現在の公開記事数は6000くらいだというご説明をいただきました。複数医師による監修を検討したり、学識経験者を含めた監修審査会の設置も検討中とのことでした。大慶至極。
私の印象として、例えば「コンタクトレンズ購入に処方箋提示は必要なのか?」という質問を設けるとします。これは、購入する市民の側からすれば合理的な設問であるかもしれませんが、我々患者さんの目の健康を預かる眼科医師側からすると「医師の定期検診を省略したネットでの購入はとんでもなく危険な方法で、そもそも望ましくない購入態度である。」という事になります。このような医療サイドと消費者サイドの立場の違いは、医療に関する問答ではこれに限らず、しばしば現れるものです。
また、医療関連のポータルサイトは、健康食品や医療器具などの宣伝の要素が混入しやすい部分です。それがステルスマーケティングであれば倫理的な大問題です。これを徹底的に排除しないと、サイト全体に対する信頼性を根本的に損ない、ひいては監修や執筆をする医師をも失いかねないと思います。
こんな事を今日はお伝えしました。私も、無償でのボランティアとして記事監修には今後も協力するつもりですので、この辺をよろしくご検討くださいというところです。
ーーーーー
8790:ヘルスケア大学における清澤源弘の執筆・監修記事の一覧です。

無題 健康関連のポータルサイトに怪しい記事があったという事で、各健康に関するポータルサイトでは記事の監修のし直しが進んでいるようです。このヘルスケア大学というサイトでも、記事監修の洗い直しが進んでいます。私もそのサイトの監修にボランティアとして手を貸すことにしました。
見せられたライターさんの原稿を読んでみますと、利用者の立場からは妥当な質問や解説でも、私が眼科医としてみますと用意された答えに不満がある場合もあります。商品の宣伝になっているような記事では、大幅に文言を差し替えるような指示をお出しする場合もあります。

先週も数編の記事を提出し、さらに3編ほどの記事をお預かりしています。(6月6日現在)

私の監修した記事は、ヘルスケア大学TOP>医師・専門家を探す> 清澤源弘>で、執筆・監修記事一覧⇒ http://www.skincare-univ.com/healthcare/adviser/doctor/profile/001346/article_list/でご覧戴くことが出来ます。
それが、清澤源弘の執筆ないしは監修記事です。この中には私以外の誰か(ライター)が最初の著者で、監修者として私が手を加えたものも多数あります。
これも医院としてのホスピタリティー増強の一環となることを期待しています。

私以外にもこのポータルサイトには各科のエキスパートが時間を提供してくださっています。もし、読者に置かれまして、ご興味のある項目がありましたら、上記リンクから入ってご覧になってください。  清澤眼科医院 院長 清澤源弘   

---- 清澤の執筆・監修記事一覧 ⇒ http://www.skincare-univ.com/healthcare/adviser/doctor/profile/001346/article_list/

飛蚊症関連では=
○飛蚊症の症状と原因・正しい対策方法

白内障関連では=
○教えて!白内障と緑内障の違いとは ○白内障の症状について

屈折異常関連では=
○弱視とは?
○弱視の治療について
○コンタクトレンズの購入に処方箋は必要?
○度が入った乱視用カラーコンタクトとは

結膜炎関連では=
○結膜炎は放っておけば自然治癒するのか?
○赤ちゃんに起こる結膜炎の原因、症状

眼瞼痙攣関連では =
○まぶたがピクピクする!眼瞼痙攣の原因と治療法
○まぶたの痙攣(眼瞼痙攣)の手術法とは
○まぶたの痙攣(眼瞼痙攣)の治療法
ーーーーー ーーーー 


Categorised in: 未分類