写真・図版

「キイハンター」「ずっとあなたが好きだった」など数多くのテレビドラマで活躍した俳優の野際陽子(のぎわ・ようこ)さんが、肺腺がんのため13日、死去した。81歳だった。葬儀は15日に親族のみで行った。現在放送中のテレビ朝日系ドラマ「やすらぎの郷(さと)」にメインキャストとして出演していた。親族によると、本人の意志でお別れの会などを行う予定はないという。

1936年、富山市生まれ。立教大卒業後の58年にアナウンサーとしてNHKに入り、62年フリーに。63年にTBS系ドラマ「赤いダイヤ」で俳優デビューした。パリ・ソルボンヌ大学への留学を経て、68~73年放送のTBS系「キイハンター」で多言語を操る元諜報(ちょうほう)部員を演じ、共演した千葉真一さんと結婚。94年に離婚した。 
  ----
十分に長生きされた女優さんでしたが、のちの怪しい母親役ではなく、私が中学生から高校生だったころにはNHKのアナウンサーには収まりきらない若く美しく理知的な女優さんでした。キーハンターのほか、のちに都知事になり都市万博中止を決めた青島幸男との共演も思い出します。