お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2017年5月12日

8835:ポクスル・ウェスト最後の飛行:読後印象記

無題ポクスル・ウェスト最後の飛行:読後印象記

(2017/3/26にこの商品を注文。新品 ¥ 2,916)

清澤のコメント:ナチスドイツによるオーストリアの併合(アンシュルス(独: Anschluss、当時の表記はAnschluß))、そしてそれに引き続くチェコへの侵攻あたりから物語は始まります。私がこのブログで取り上げた物語も「琥珀の目のウサギ」、とか「HHhH」、などその時代の物語は少なくはありません。

 その中でユダヤ人はいわれのない強い迫害を受けたわけです。しかしそのすべてが、ナチスの責任だったわけではなく、多くのユダヤ人以外のヨーロッパの市民がユダヤ人を嫌っていたという背景があってこその歴史ではあったのでしょう。

 作者にとって、ポスクルおじさんが実在人物であったのか?単に、歴史の中のありうべき事柄を結び連ねて紡いだ物語だったのかはわかりません。物語は、ポスクルおじさんが書いた自分の経験に相当する第1幕から第4幕までの一連の物語と、その幕間をつなぐ作者が一人称で現れる部分から構成されています。

 この話の概要を、駅までの道で子供に聞かせたら、「話を盛りすぎて、すべてが嘘だと決めつけられてしまったということね。」と明快に判断が下されました。物語の一つ一つが真実でなくてもそういった混乱の時代だったということを言いたくて、 おそらく作者がそういう形を作ったということなのでしょう。
  ーー内容紹介ーー
ポクスル・ウェスト最後の飛行 単行本 – 2017/3/9
ダニエル トーデイ (著), Daniel Torday (著), 武藤 陽生 (翻訳)

内容紹介

ナチスに一矢を報いた英雄の真実――
彼に憧れ、裏切られた少年だけがやがてそれを知る。

《ニューヨーク・タイムズ》紙が絶賛する驚異のデビュー長篇。
元イギリス空軍所属のポクスルおじさんは、イライジャ少年の憧れの存在。おじさんが語ってくれる第二次大戦の逃走劇、燃え上がる恋、そしてナチス爆撃作戦の物語に、少年は夢中になった。やがておじさんが戦争体験記を出版し、ベストセラー作家になると、少年はますます誇らしく思った。

だが、おじさんは少年の前から去ってしまう。
おじさんが姿を消した後も、少年は体験記に没頭するが、おじさんにまつわる良からぬ噂に心をかき乱される。そしておじさんが決して語らなかった真実を知ることになる――。
類まれなストーリーテリング、卓抜な構成、綿密な調査によって、戦争に巻き込まれた人々の愛と喪失の物語を、いま蘇らせる。

単行本: 352ページ
出版社: 早川書房 (2017/3/9)
言語: 日本語

関連記事 (最近私が見た映画や読んだ本のお話です。どれも心にしみるお話でした。)

○7375:杉原千畝 映画のノベライズ本です⇒ https://www.kiyosawa.or.jp/archives/54586839.html

○7356:映画「シンドラーのリスト」を見ました。⇒https://www.kiyosawa.or.jp/archives/54583022.html

○7154 エヴァの時代 アウシュヴィッツを生きた少女:を読みました
 アンネ・フランクの義姉が、40余年を経て初めて語る真実。アウシュヴィッツへの移送、解放から帰国までの奇跡の生還の日々を綴った感動のヒューマンドキュメント。⇒
http://dr-guide.net/blog/7154%E3%80%80%E3%82%A8%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%81%AE%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%80%80%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%84%E3%82%92%E7%94%9F%E3%81%8D%E3%81%9F%E5%B0%91/

○7108:ナチスの戦争 1918-1949 民族と人種の戦い:を読みました ⇒https://www.kiyosawa.or.jp/archives/54535904.html

◎4644 HHhHプラハ、1942年、(Himmlers Hirn heiszt Heydrichヒムラーの頭脳はハイドリッヒと呼ばれる)ローラン・ビネ著 ⇒ https://www.kiyosawa.or.jp/archives/53999547.html

◎3018 『琥珀の眼の兎』エドマンド・ドゥ・ヴァール(早川書房)⇒ https://www.kiyosawa.or.jp/archives/53459031.html

◎2860 「サラの鍵」(仏)と言う映画だそうです。⇒https://www.kiyosawa.or.jp/archives/53238464.html

◎2511 マルカの長い旅。 を読みました。 ⇒ https://www.kiyosawa.or.jp/archives/52727139.html

Categorised in: 未分類