お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2017年2月27日

8624: A LIFE~愛しき人~も、もう第7回です。

1329731161b167aeb4c1634785733eaf
今日のテレビドラマのA LIFEでは脳の血管にバイパスを作って手術をするという方法を沖田先生が思いついたという流れでした。TBSの見逃し番組サービスで、その週のうちならネットでも無料で見られます。木村拓哉は今日も役をクールに演じていました。(視聴率は:第1話 14.2%, 第2話 14.7%, 第3話 13.9%, 第4話 12.3%, 第5話 13.9%, 第6話 15.3%, 第7話 14.5%でした。)

家族に病気の人がいて、企業の運営にも問題を抱え、更に愛人問題も同時進行という副院長はいかにも大変そうです。

 さて、トランスシルビアンアプローチで行くと動眼神経麻痺が必発と言っていましたがその辺りを少し考えてみました。

 片側の中脳(視床辺り)の腫瘍にアプローチしようとすれば頭頂葉と側頭葉の間のシルビアン裂(上の図)から病巣に近づこうとするのは妥当な感じですね。

a15fig06何の手術かはわかりませんが、実際にシルビアン裂を開いて手術をしている術野の写真もありました。この裂の奥には脳の運動領や知覚領に行く大事な中大脳動脈が走っています。しかしそこには動眼神経や動眼神経を支配する血管は走ってはいないのですけれど。

 問題はその底が島(インズラ)と呼ばれる皮質で、中脳はその奥にあります。島皮質が脳のどのような機能を分担しているのか?というお話を私は寡聞にして知りません。

 まあ、動眼神経麻痺というので「神経眼科医」としては、そこからのアプローチで動眼神経麻痺は起こらないと思うが?と戯言を言って見ただけです。脳外科の先生が私の間違いを指摘してくださるならば、それは甘んじて訂正いたします。間違っていたらごめなさい。

財前直見 さて、今週も2つのドラマに共通の女優さんが出て居ました。NHKの大河ドラマ直虎で、次郎法師の母親役をしている財前直見さんが、こちらでは乳腺外科医の役で出ていました。こちらは今回だけかもしれません。

Categorised in: 未分類