お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2016年11月28日

8363「回転として眼球運動を考えよう!Listingの法則とは?」鈴木康夫先生聴講印象記

◎昼のセミナーは2日ともスポンサーがない形式で行われました。「眼球運動の話」と「脳幹に関連した眼球運動異常の話」をゆっくり聞かせていただき非常に満足いたしました。

〇「回転として眼球運動を考えよう!Listingの法則とは?」鈴木康夫 手稲渓仁会病院 眼窩・神経眼科センター

 お話の内容は以下の通り。鈴木康夫先生は北大生理学に居た頃から優れた研究者としては注目されていた方でありますが、このような歴史的な理論構造展開を自分で探し出したとしたら驚異的なことですし、また聞いてきた話であったとしても十分聞いて驚くに値する内容のお話でした。サイコロや、スペースシャトルを順番を変えて回転させたら最後には違う形の絵になるでしょう?というアニメもお見事でした。
 
・Dondersの法則:ある視線方向での眼球の向きはその視線方向に至る経路によらず一定 1847
・Listing 水平・垂直・回旋からなる3次元眼位の数学的数量関係を述べた。(原著なし)
・Helmholtz:著書に上記をリスティングの法則として紹介 1867
・この議論には、デカルト座標系(直交座標系)と回転運動の非交換則性(non-commutatibity)が重要
・演者は、その両者のずれを調整する構造部分を想定して探したが、そのような単一の構造物は脳内には存在しないという結論に達したということでした。

Categorised in: 未分類