お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2016年10月28日

8272:緑内障の視野障害の重症度、網膜血管密度の減少と関連:記事紹介

AngioPlexDr_web
緑内障の視野障害の重症度、網膜血管密度の減少と関連

提供元:ケアネット公開日:2016/10/27

眼科医清澤のコメント:網膜神経節細胞層の厚さを図るOCT(OCTマクラ:網膜三次元画像解析装置)の感度は、それまでの緑内障診断のゴールデンスタンダードとされてきたハンフリー視野よりも鋭敏であることが最近の眼科医の間では常識とされつつあります。それで診断される初期の緑内障はプレペリメトリック緑内障(視野変化前の緑内障)と呼ばれます。

 さて、此のOCT撮影装置に最近組み込まれるようになってきているのが今回話題のOCTアンギオと呼ばれる機能です。この装置では、従来の網膜血管撮影のような造影剤(フルオレセインNa)の静脈注射の必要がなく、したがって撮影に伴ってまれに発生する不快感を患者さんに与えることもありません。それは大きなメリットなのですが、従来の眼底カメラで明らかにしていた糖尿病における無還流域は撮影可能な範囲よりずいぶん狭く、撮影範囲がほぼ後極部とされていました。それで、わたくしは網膜疾患の診断には力不足化と思っていました。

 しかし、今回、緑内障の初期診断にこのOCTアンギオグラムの鋭敏さが伝えられましたので、今後この検査が眼科緑内障診療でのスタンダードに変わってゆく可能性があります。

 ただし、保険請求では未だ従来の網膜造影検査相当の点数が付いているとは聞きませんから、一般への普及までにはもうしばらくの時間が必要かもしれません。

  ---記事の引用です---
緑内障の視野障害の重症度、網膜血管密度の減少と関連のイメージ

 近年、光干渉断層計血管造影(OCT-A)により網膜の微小血管の評価が可能となっている。米国・カリフォルニア大学サンディエゴ校のAdeleh Yarmohammadi氏らは、OCT-Aを用いて測定した血管密度の減少が、原発開放隅角緑内障における視野障害の重症度と、構造異常にかかわらず有意に関連していることを明らかにした。著者は、「OCT-Aは緑内障の管理において有用な技術であり、疾患の病態生理における血管系の役割について理解を深めることができる」とまとめている。Ophthalmology誌オンライン版2016年10月7日号掲載の報告。

 研究グループは、OCT-Aによる血管密度測定と視野欠損の重症度との関連を評価する目的で、Diagnostic Innovations in Glaucoma Studyに登録された健常者31例、緑内障疑い48例および緑内障患者74例の計153眼を対象に、OCT-A、spectral-domain OCTおよび自動視野計(SAP)による検査を実施した。

 網膜の血管密度は、網膜神経線維層(RNFL)の乳頭周囲血管密度(cpVD)(視神経乳頭周囲の幅750μmの楕円環)および総血管密度(wiVD)(スキャン範囲4.5×4.5mm)の2つを測定し、主要評価項目は視野欠損の重症度(SAPのMD値による)とOCT-Aによる血管密度との関連とした。

 主な結果は以下のとおり。

・緑内障眼と比較して正常眼で、より密なRNFL内の微小血管ネットワークが認められた。

・血管密度は、正常眼が最も高く、続いて緑内障疑い、軽度緑内障および中等度/重度緑内障の順であった。wiVDはそれぞれ、55.5%、51.3%、48.3%および41.7%、cpVDは62.8%、61.0%、57.5%および49.6%であった(いずれもp<0.001)。

・MD値とcpVDおよびwiVDとの関連(それぞれR2=0.54、R2=0.51)は、MD値とRNFLおよびrim areaとの関連(それぞれR2=0.36、R2=0.19)より強かった。

・多変量回帰分析の結果、wiVDが1%減少するごとにMD値で0.66dB、cpVDの1%減少で0.64dBの視野欠損と関連していた。

・さらに、血管密度と視野障害の重症度との関連は、構造異常の影響を調整した後でも有意であることが示された。

(ケアネット:⇒ http://www.carenet.com/news/general/carenet/42835?utm_source=m1&utm_medium=email&utm_campaign=2016102400)

原著論文はこちら

Yarmohammadi A, et al. Ophthalmology. 2016 Oct 7. [Epub ahead of print]
ーー引用終了ーー

Categorised in: 未分類