お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2016年9月28日

8173:アリソン・バルサムのトランペットです

アリソン・ルイーズ・バルサム(Alison Louise Balsom, 1978年10月7日 – )はイギリスのトランペット奏者。

ギルドホール音楽演劇学校で学んだ後2001年パリ国立高等音楽院を首席で卒業。ヨーロッパを中心にソリスト、オーケストラとの共演で活躍している。

1998年BBC主催の「ヤング・ミュージシャン・コンペティション」のファイナリストとして注目を集め、2000年モーリス・アンドレ国際コンクール「最も美しいサウンド」部門でプルミエ・プリ受賞。
2009年にはクラシック・ブリット賞(女性アーティストオブザイヤー)を受賞し、BBCプロムス最終夜コンサートのソリストを務めている。
 
 友人のフェイスブックで見かけ。その音色の透明さに惹かれました。イギリスの人で、ビデオの中では英語で話してますが、パリにも留学歴があり、しかも首席で卒業だそうです。パリの名を冠したビデオ(下参照)もあります。


 バイオリンやフルート、それにピアノの奏者に女性は多いのに、なぜかトランペット奏者では今まで女性を見かけることはありませんでした。

 それにしても軽い歯切れのよいトランペットらしい音色を聞かせてくれます。ユーチューブを探してみると、バッハなどのバロックから現代のジャズまで手広いレパートリーを奏でています。苦しそうな表情を見せず、軽々と楽し気に演奏している印象です。これからまだまだ売れそうな予感がする音楽家です。

Categorised in: 未分類