お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2016年9月18日

8138:メガクライシス巨大危機~脅威と闘う者たち~「地震予測に挑む」:見ました。

mig 仙台では最近NHKで放映されたドキュメントが大きな話題になっているそうです。仙台市長町と利府を結ぶ活断層帯があって、それが地震で動くと沖積層に液状化が起こり、仙台市民病院も国立病院機構仙台病院がともにその上にあるので危険なのではないか?というお話だそうです。
 まあ、長町と利府を結ぶ線上に何か変化があれば、それは仙台市そのものなわけですけれども。
 帰宅後にこの番組をNHKオンデマンドで見てみました。なんと、第一の地震候補地は我が故郷の松本市(牛伏寺断層付近)、そしてもう一つの候補が仙台市の長町利府断層線なのだそうです。これはこれは要注意。

NHKスペシャル MEGA CRISIS 巨大危機~脅威と闘う者たち~ 第2集「地震予測に挑む~次はいつ どこで起きるのか~」

出演 : 山岡耕春
キャスター : 有働由美子
語り : 武田真一

地震、異常気象、ウイルス感染…日本を襲うさまざまな巨大危機との闘いの最前線に迫るシリーズ。第2集は、巨大地震との闘い。東日本大震災、熊本地震と、相次いで「想定外」の地震に襲われる中、次の大地震が「いつどこで起きるか」を予測する研究が新たな成果を挙げつつある。次の地震を引き起こす「火種」の発見。南海トラフ・M9の巨大地震の前兆を捉える国家プロジェクト。究極の「地震予報」の実現に向けた挑戦を描く。9月11日(日)21:00放送 (C)NHK

キーワードなど:
断層帯の動きによって更なるひずみを生じる「地震の火種」、
大陸と海側のプレートがゆっくりとずれる「スロースリップ」これが巨大地震の前触れ。
そして「統計的手法」によってもM4程度の地震の起きる確率地図が得られている。

Categorised in: 未分類