お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2016年7月29日

7999:「ワンデー アキュビュー® オアシス®」7月5日(火)より先行発売開始

IMG_2185
7月26日にジョンソンエンドジョンソンの新製品発表会があり、当医院のコンタクトレンズ処方に従事する職員が参加してきました。記事などを参考に内容をなぞってみますと以下の通りです。残念ながら、当医院にはまだこの製品は導入されてはおりません。

  ------
常にハイパフォーマンスを期待されているビジネスパーソンのための“ギア”
「ワンデー アキュビュー® オアシス®」7月5日(火)より先行発売開始

「目の健康」を大切にする使い捨てコンタクトレンズ「アキュビュー®」を提供する、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニー(本社:東京都千代田区 代表取締役プレジデント:デイビット・R・スミス)は、目にとって過酷な環境においても、1日の終わりまで乾燥感や見え方の悪化しない疲れ知らずの目を追求したハイパフォーマンス・コンタクトレンズ「ワンデー アキュビュー® オアシス® 」を2016年7月5日(火)より一部販売店にて先行発売する。

誕生、デジタル時代のハイパフォーマンス・コンタクト

ワンデー アキュビュー® オアシス®

「ワンデー アキュビュー® オアシス® 」は、新技術「ハイドラリュクス™・テクノロジー」※1を採用、過酷な環境下でも一日中、疲れ知らずな目を追求したコンタクトレンズ。

「ハイドラリュクス™・テクノロジー」とは、涙に含まれる成分と似た成分をレンズのシリコーン素材に絡め、自然な涙の構造を模倣することによって、まるでレンズが涙の一部のように働きます。さらに装用時間が経過してもレンズの表面をなめらかに保ち、まばたきによるまぶたとレンズの摩擦を軽減する、ジョンソン・エンド・ジョンソン独自の新しいテクノロジー。

長時間PCやスマートフォンなどのデジタル画面を見続けたり、オフィスの乾燥などによって、現代のオフィスワーカーの3人に一人は「ドライアイ」※2であるといわれている昨今、この「ハイドラリュクス™・テクノロジー」を採用した「ワンデー® アキュビュー® オアシス® 」は、乾燥しにくく、鮮明な視界、摩擦ゼロ※3の実現によって、ビジネスパーソンの一日中変わらない、高いパフォーマンスをサポートする。

製品特長

独自の新技術「ハイドラリュクス™・テクノロジー」を採用

コンタクトレンズ装用時の乾燥感や疲労感、見え方の悪化。実は、コンタクトレンズを装用した時に不安定化してしまう涙の層にその一因がありました。ワンデー アキュビュー® オアシス® なら、涙に近い成分と、酸素透過性が高く親水性に優れたシリコーン素材がより密に絡み合っているので、レンズ自体が安定した液層と同じような構造に。涙の層と一体になって働くので、涙の層の安定をサポートするほか、まばたきの時の摩擦を軽減する。:伝聞で恐縮ですがそんな製品が発売されたのだそうです。

裸眼の涙

油膜と液層のきれいな2層構造を保ちながら、眼の表面に薄く均一に広がっています。
*

ワンデー アキュビュー® オアシス® 装用時の涙

まるで一体化するようにレンズが涙液になじみ、レンズ表面の涙が安定します。
**
眼の乾燥感や疲労感の一因となる、まばたきの摩擦がほぼゼロに※3

レンズ表面の摩擦エネルギー(摩擦で生じる熱量)は時間が経っても、ほぼゼロの状態を維持します。

人は一日に16,000~20,000回近くまばたきをします。
ハイドラリュクス™・テクノロジーによって、レンズ表面全体が均一でなめらかになり、まばたきの際にかかる摩擦エネルギーは時間が経っても低いままです。摩擦エネルギーの低さは摩擦係数の低さと直接的な相関関係があり、摩擦係数の低さはまぶたの負担軽減と快適な装用感につながります。
*
UVカット性能※4

ISO基準のClass1に適合したUVカット率で、眼に有害といわれるUV‐B波を約99%、UV‐A波を約96%カット。
大切な眼を紫外線から守ります。

大きな光学部径

光学部(光の通るエリア)を大きくとることで、夜間や薄暗い場所でもクリアな視界を提供します。

14.3㎜のレンズ直径

まばたきをしても、レンズの中心部がずれにくく、クリアな視界を保ちます。

Categorised in: 未分類