お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2016年5月9日

7729:連休明けが憂鬱…「GW疲れ」を解消する2つのポイント :だそうです。

連休明けが憂鬱…「GW疲れ」を解消する2つのポイント :だそうです。

ゴールデンウィークが終わると共にドッと押し寄せる疲労感……。連休明けに陥る人が多い「ゴールデンウィーク疲れ」をスムーズに解消するための2つのポイントをご紹介します。連休明けは、「仕事も家事も余暇活動も頑張らない」! そして、「上手に疲れた心身をいたわること」! これがテッパンです。 ストレスガイド 大美賀 直子さんの記事から抜粋。

 「GW疲れ」に悩まされていませんか?
 連休明けは、なぜか体がだるく、いつものような調子が出ない……。こんな症状に悩まされていませんか? これは、典型的な「GW疲れ」の症状。休日をアクセル全開で突っ走った末に通常生活に突入してしまうと、連休明けからどっと疲れが噴出してしまうものです。

1.「通常生活」に心身を慣らしていこう。 2.疲れた自分をいたわり、癒すこと:の2つです。

(1) の「通常生活に心身を慣らすこと」に関して:連休明けは、「なぜだか、調子が上がらないな……」と感じるくらいが自然なのです。毎日同じ時間に起き、無理をせずに働き、同じ時間に眠る、という生活を続けていけば、日に日に通常生活のリズムに慣れていきますから、大丈夫です。

連休明けに予定を詰め込まないこと。さらに、しばらくの間は「夜活」はもちろんのこと、「朝活」も控えましょう。「連休明けは、仕事も家事も余暇活動も頑張らない!」。

 (2) の「疲れた自分をいたわり、癒すこと」に関しては、毎日ちょっとした心がけを続けていくことが大切です。まず、ゴールデンウィークには、胃腸が疲れているものです。当分はお酒を控えて、胃の負担にならない消化のよいものを食べましょう。

Categorised in: 未分類