お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2016年4月3日

7617:第120回日本眼科学会総会の話題です。

img_topflash
第120回日本眼科学会総会 2016年4月7日(木)から10日(日)での注目されるトピックスを探してみました。

会場は:
仙台国際センター会議棟(第1から第8会場)
仙台国際センター展示棟(学術展示、機械展示)
東北大学百周年記念会館(第9、10会場)
(ともに仙台市地下鉄東西線の国際センター駅最寄り)

興味を引きそうな項目を拾ってみました。
(神経眼科一般講演1と2は木曜の昼前後なので、私は間に合いません。)

木曜日
ポスター:(午後から)学術展示
     (朝から)機械展示

4月8日(金曜)
 7:45 モーニングセミナー(7室あり)
 9:00 機械展示およびポスター展示
11:20 招待講演 OCTの過去と未来(David Huang)
12:30 ランチョンセミナー
13:50 特別講演2 抗加齢アプローチ:(坪田一男)
15:00 (教育セミナー)マスターしておきたい眼瞼手術
16:40 シンポジウム11 光と視機能
      シンポジウム14 高次脳機能から見た眼疾患(p49)

4月9日(土曜)
 7:45 モーニングセミナー(6室)
 9:00 シンポジウム19 平成28年度診療報酬改定の評価
      シンポジウム20 遺伝性網脈絡膜変性疾患の遺伝型と臨床型
10:40 招待講演2 日本のこの20年の医学教育の変遷(嘉山孝正)
12;00 ランチョンセミナー(9室)
14:10 特別講演1、網膜機能障害解析の多角的アプローチ(寺崎浩子)
15:10 評議員会指名講演、眼科手術のサイエンス、前眼部手術のsustainabilityを考える(宮田和典)
16:00 同上、強度近視合併症における病態の理解と治療の考え方(生野恭司)
16:50 同上、緑内障手術のサイエンス(井上俊洋)

4月10日(日曜)
(9:00 サブスペシャリティーサンデー 12項目があります。)

清澤のコメント:
 評議員会指名講演の演者3人中の2人が大学以外に籍を置く人だという事にも、時代の変遷を感じ、市井の開業医としては心強く思っています。
 その昔、仙台市で東北大学が主管校で水野勝義教授が会長で日眼を行ったときには、この場所にあった宮城県体育館で開催しましたが、早朝の暖房が掛けてもらえず寒い会場だったのを思い出しました。この時には入局6年目で保健室係をさせて戴きました。
 東京医科歯科大学が主管で所敬教授が会長でパシフィコ横浜を会場に開催したときには、事務局を仰せつかりましたが、その準備には医局員総動員で一年以上が掛かりました。今は主管校ではなく、プログラム委員会が演題の選定をするように変わっています。最近は一般演題の採択率もかなり高いようです。シンポジウムのような聴衆の興味に合わせた企画演題も増えた印象です。
 来年のサブスペシャリティーサンデーには、眼瞼痙攣がご指名頂けるかもしれないという事で、楽しみにしております。

Categorised in: 未分類