お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2016年3月4日

7538:ハワード・ヒューズの半生記、アビエイターThe Aviatorを見ました

無題

レオナルド・ディカプリオが第88回アカデミー賞授賞式で、5度目の主演男優賞ノミネートにして、悲願の受賞を果たした。:という事ですので、今日は2004年の彼の主演映画「アビエイター」(The Aviator)を見ました。


『アビエイター』(The Aviator)は、マーティン・スコセッシ監督による2004年のアメリカ映画。「アビエイター」とは「飛行機の操縦士」を意味する。

実在の大富豪、実業家であるハワード・ヒューズの波乱に富んだ半生を描いた。スコセッシ監督の作品としては、前作『ギャング・オブ・ニューヨーク』に引き続いてのレオナルド・ディカプリオ主演作品。ディカプリオは製作総指揮としても参加している。

第77回アカデミー賞において最多の11部門にノミネートされ、スコセッシ監督初の監督賞、作品賞、ディカプリオ初の主演男優賞が期待されたが、どれも受賞には至らなかった。その他の部門では5部門を受賞した。

ディカプリオはこれまでに1993年の「ギルバート・グレイプ」で助演男優賞に、2004年の「アビエイター」、2006年の「ブラッド・ダイヤモンド」、2013年の「ウルフ・オブ・ウォールストリート」で主演男優賞にノミネートされましたが、いずれも賞を逃していて、今回が演技部門5度目のノミネートだった。

今回、ディカプリオが賞を取った「レヴェナント 蘇えりし者」は日本では4月22日(金)公開、作品賞を取った「スポットライト 世紀のスクープ」は4月15日(金)公開。

清澤のコメント:石鹸を持参し、不快なことに遭遇すると手の皮が擦り切れるまで洗い続けずにはいられないというハワード・ヒューズの潔癖症が印象的でした。この映画の中でデカプリオが演じて見せた潔癖症は強迫性障害と呼ばれるものでしょう。

強迫性障害(Obsessive-Compulsive Disorder)とは?
英語名のobsessiveは、何かに付きまとわれて離れられない状態を表します。compulsiveは、何かにとりつかれたような、という意味合い。何らかの考え方にとりつかれてしまって、頭から取り除くことができない状況(強迫観念)、そして、何らかの行動にとりつかれてしまってやめることができない状況(強迫行為)の二つが症状として現れる。自分自身の意思で止めることができなくなって、強烈な不快感があったり、社会生活に支障が出ていること。:と解説されています。

Categorised in: 未分類