お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2016年2月11日

7457:女子サッカー米代表GKソロ、リオ五輪辞退を検討。ジカ熱の影響を懸念

電車の車内テレビのニュースに驚きました。「女子サッカー米代表GKソロ、リオ五輪辞退を検討。ジカ熱の影響を懸念」ジカ熱とその合併症としての小頭症のお話は既に何度かお伝えしましたが、ブラジル五輪女子サッカー代表のゴール・キーパーが大会への出場辞退を検討しているというのです。現在の感染や小頭症の赤ちゃんが多数生まれている状況とmそれらの国の中にはこの時期での妊娠を避けるようにとアピールしている国があることを考えると、やむを得ないところもあるのでしょうけれど。
今後、日本でも米国でも若い夫婦が南米への駐在赴任を拒否するなどというお話が出てきそうな気が致します。

記事の引用です
『女子米代表GKソロ、リオ五輪辞退を検討。ジカ熱の影響を懸念
2016年02月10日(Wed)12時22分配信

photo Getty Images
TAGSs: アメリカ, アメリカ代表, オリンピック, ホープ・ソロ, 女子サッカー

ソロ 女子アメリカ代表GKホープ・ソロ【写真:Getty Images】

 女子アメリカ代表GKホープ・ソロは、今年8月に行われるリオ五輪への参加を辞退することを検討しているようだ。米メディア『スポーツ・イラストレイテッド』で語った。

 すでにリオ五輪出場を決めているアメリカだが、2015年女子最優秀GKに輝いた守護神は参加しないかもしれない。ソロは元NFL選手のジェラミー・スティーブンスと婚約しているが、中南米を中心に多数の感染が報告されているジカ熱が最大の要因のようだ。

 ソロは「もし今日決断しなければならないのなら、リオには行かない。子供の健康のためにリスクは取りたくない。私とジェラミーにいつその日(出産日)が来るかは分からない。でも、私は健康な子供を産みたい」と述べ、これから生まれる子供の健康被害を懸念している。

 ジカ熱は蚊を介して感染する感染症で、厚生労働省の発表によれば、蚊に刺されてから数日後に、軽度の発熱、発疹などの症状が見られる。また、小頭症の原因ともされている。』

Categorised in: 未分類