お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2015年12月4日

7238:「命と平和の森」のお話

images松本から里山を生かそうというNPO法人、「命と平和の森」(名誉会長 日野原重明、会長 横内雄一郎)の方々が私を訪ねてきてくださいました。来てくださったのは地元の町会長さんと、会の役員の方のお二人。
 明科から松本市岡田に抜ける道路トンネルの明科側出口から「命と平和の森 Forest of Life and Peace」の間の道路際にサクラとモミジの並木を作ろうという計画に協力してほしいという話だそうです。

 このあたりは、松本市の城山公園とアルプス公園(旧県種畜牧場)の北につながる大きな断層の上になっていて、安曇野から100メートルほど立ち上がった崖の上です。ここに上ると西側には常念岳をはじめとする北アルプスの山々が見晴らせます。
36704199 また足元には模型のような「長野県立子供病院」の赤い屋根も見下ろせます。この景色の「赤い屋根」は同じでも、「緑の丘の赤い屋根、とんがり帽子の時計台」(戦災孤児の話)とは時代が違います。
 この眺望を隠している森の枝を払おうという提案です。
ーーー

Categorised in: 未分類