お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2015年11月27日

7229 「蛍光灯製造禁止]だそうです。

先日、自宅階段の電球が切れたのでコンビニに買いに行ったら、白熱電球はすでに無く、商品棚には電球の形をした40Wと50WのLSD電球に変わっていました。今後2020年をめどに蛍光灯も輸入が禁止されLSDになるのだそうです。

ーーーjキャストニュースから引用ーー
プロレスファンも激怒する「蛍光灯製造禁止」 5年後目指す「国策」に反発広がるワケ

2015/11/26 19:29

2020年度をめどに、国策でエネルギーを多く消費する白熱灯や蛍光灯の製造が事実上、禁止されるかもしれない。

すでに国内では、蛍光灯より消費電力が少なく、かつ長寿命でランプの交換が不要な発光ダイオード(LED)照明の普及が急速に進んでいる。ただ、蛍光灯の製造や海外からの輸入が禁止されることに反発したり、困ったりする人も出てきている。

蛍光灯の製造が禁止されるかもしれない・・・

「LEDは目が痛くなる」「国策での強制やめろ!」

蛍光灯の製造禁止は、政府が省エネルギー対策の一環として打ち出した。2015年11月26日付の朝日新聞デジタルが報じ、同日の首相官邸で開かれた「官民対話」でも同じ趣旨の説明が政府からあった。2020年度をめどに国内での蛍光灯の製造と海外からの輸入を実質的に禁止する方針で、蛍光灯から、省エネ性能がLEDへの置き換えを促す。

11月末にパリではじまる国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP21)に向けて、日本の温室効果ガス削減への取り組みを具体化する狙いもあるという。2016年度にも省エネ法の政令を改めることで、LED並みの省エネを達成するのが困難な白熱灯と蛍光灯は事実上、製造や輸入ができなくなる見通しとされる。

この報道に、日本照明工業会は「事実関係を含め、現在確認中です」とコメントし、困惑している。

一方、報道をもとに政府の方針に激怒したのが、なぜかプロレスファンだった。インターネットには、

“「ふざけるな! 国策で俺たちの楽しみを奪うのか!」
「えっ、蛍光灯デスマッチがなくなっちゃう!!!」

といった声があがり、憤りを隠さない。

どうやら、大日本プロレスが挙行する「蛍光灯デスマッチ」(リングロープに蛍光灯をくくりつけて行う試合)ができなくなることを心配しているらしい。

デスマッチで使っている蛍光灯は主に業務用で、破片が細かく粉々になりやすい廃品で、それを集めて大量に送ってくるファンも少なくないという。LEDでも蛍光灯の代用になるのだろうが、LEDは値段が高いことや長寿命なので廃品が少なくなることが予想される。蛍光灯の製造禁止で、人気のファイトが見られなくなるというわけだ。

Categorised in: 未分類