お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2015年11月22日

7210:史上最も複雑な顔面移植手術実施 米病院:の記事です

史上最も複雑な顔面移植手術、消防団員の男性に実施 米病院
(AFP BB newsから引用http://www.afpbb.com/articles/-/3066913?pid=0)

清澤のコメント:顔面移植はFace transplantの邦訳です。ウィキペディアによれば顔面移植は死体から取った顔の一部または全面を移植する医学的な手技です。世界で初めての生きた人への部分的顔面移植は2005年にフランスで行われました。世界は初の全顔面移植はスペインで2010年に行われています。その後、今日に至るまで報告が続いています。トルコ、フランス、米国、スペインが成功した顔面移植の症例が多い順で、これらはこの手術についての指導的な国であると考えられています。
 眼が閉じないまたは開けない場合には眼輪筋や上眼瞼挙筋とそれらを支配する顔面神経や動眼神経を繋ぐ必要があり、そのほかに筋肉への血流も維持する必要があります。全てを完璧に完成するのは誠に困難ですから、良好な動きが得られなくとも安静時の外観が改善されれば良いという事なのかもしれません。
通常、医学の話題は医学雑誌に発表された記事を基にされていることが多いのですが、この記事は病院のプレスリリースが基になっているようです。

  --記事の引用、抜粋---
2015年11月17日 09:30 発信地:ニューヨーク/米国
【11月17日 AFP】米ニューヨーク大学ランゴンメディカルセンター(New York University Langone Medical Center)は16日、2001年に消火活動中の事故で顔面を激しく損傷した消防団員の男性に、史上最も複雑で広範囲にわたる顔面移植手術を実施したと発表した。

 同センターによると、医師、看護師、医療支援スタッフら計100人以上からなる医療チームが、1年あまりにわたる準備の末、8月14日から15日にかけて実施された26時間に及ぶ手術に参加したという。

 移植手術を受けたのは、米ミシシッピ(Mississippi)州セナトビア(Senatobia)出身のパトリック・ハーディソン(Patrick Hardison)さん(41)。2001年9月11日の米同時多発テロのわずか数日前、ボランティア消防団員として活動中に、顔面に広範囲のやけどを負った。

 ハーディソンさんは救助捜索活動中、燃えている民家の天井部分が体の上に崩落、顔面に重度の損傷を受け、まぶた、耳、唇、鼻の大半、頭髪、眉毛を失った。

 同センターによると、新たな顔、頭皮、耳、外耳道と、顎、頬、鼻などの骨の一部をハーディソンさんに移植するための手術を、エドアルド・ロドリゲス(Eduardo Rodriguez)医師が主導したという。

 今回の手術まで、目を完全に閉じることができなかったハーディソンさんは、新しいまぶたと、まばたきを制御する筋肉の移植を受けたと同センターは付け加えた。

■これまでに70回以上の手術

 ハーディソンさんは、ロドリゲス医師の診察を受けるまでに70回以上の手術を受けていた。2012年に米メリーランド(Maryland)州で顔面移植手術を実施した実績のある同医師に、ミシシッピ州の同僚の消防団員が手紙を書き、受診に至ったという。

 ロドリゲス医師によると、ランゴンメディカルセンターで、ハーディソンさんの手術前治療、外科手術、リハビリ治療に要した費用は85万~100万ドル(約1億500万~1億2300万円)で、肝臓移植の費用と同程度だという。

 ロドリゲス医師はハーディソンさんに、手術の成功確率は五分五分と伝えていた。「このような実験的手術の対象者となることの非常に大きなリスク」をハーディソンさんに理解してほしかったからだという。

 ロドリゲス氏は、記者会見で「これは、誰もが受けられる手術ではなく、非常に勇気のある人向けの手術なのだ」と述べた。

 ロドリゲス氏は、今回の手術が、今後の移植術の安全性と結果の向上につながると思われると述べ、頭皮全体を顔面とともに移植することが可能であることを証明したと指摘した。

■「新しい人生与えてくれた」

 ハーディソンさんは、同センターから発表された声明で「ドナーと彼の家族には、深く感謝している」と述べている。

「彼らが私を見て、決断して良かったと思ってもらえることを願っている。また、ロドリゲス先生と彼の素晴らしいチームにも感謝を申し上げたい。彼らは私に、新しい顔以上のものを与えてくれた。彼らは私に、新しい人生を与えてくれたのだ」

 移植手術から3か月が経過して、ハーディソンさんは日常生活に戻りつつあるが、免疫抑制剤による治療を生涯続けるとともに、ニューヨークで毎月1回の検診を受ける必要がある。

「術後93日目にしては、ハーディソンさんの経過は非常に良好だ」とロドリゲス医師は話している。(c)AFP/Jennie MATTHEW

Categorised in: 未分類