お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2015年11月3日

7152:正常眼圧緑内障の乳頭出血、血小板機能低下で発見されやすい?

Weinreb_f4Journals on the Web
7152:正常眼圧緑内障の乳頭出血、血小板機能低下で発見されやすい?

正常眼圧緑内障の乳頭出血、血小板機能低下で発見されやすい?
提供元:ケアネット公開日:2015/10/13

 正常眼圧緑内障にみられる乳頭出血は、血小板機能の低下と関連していることが、韓国・成均館大学のSeong Hee Shim氏らの前向き横断研究によって明らかになった。著者は「乳頭出血を有する正常眼圧緑内障患者では、血小板凝集が遅れて出血が長引き吸収が遅延するため、乳頭出血が検出されやすい可能性がある」とまとめている。American Journal of Ophthalmology誌オンライン版2015年9月14日号の掲載報告。

 研究グループは、正常眼圧緑内障と乳頭出血を有する患者(NTG・DH+群)120例、乳頭出血のない正常眼圧緑内障患者(NTG・DH-群)75例、および健常者(対照群)120例、合計315例を対象に、視野検査、カラー眼底写真撮影、光干渉断層計(OCT)検査を行うとともに、血小板機能アナライザー(PFA-100システム)を用いてコラーゲン/エピネフリン閉塞時間を測定した。

 主な結果は以下のとおり。

・コラーゲン/エピネフリン閉塞時間は、NTG・DH+群141.92±53.44秒、NTG・DH-群124.60±46.72秒、対照群114.84±34.84秒で、NTG・DH+群が他の群と比較して約14~24%長かった(一元配置分散分析、p<0.001)。
・NTG・DH+群の活性化部分トロンボプラスチン時間も、対照群より長かった。
・ステップワイズ多重ロジスティック回帰分析の結果、コラーゲン/エピネフリン閉塞時間の延長のみが独立して乳頭出血と関連していることが明らかとなった(年齢、性別、プロトロンビン時間、活性化部分トロンボプラスチン時間、糖尿病、高血圧、低血圧、心疾患、甲状腺機能低下症、片頭痛、脳卒中、脂質異常症で調整したオッズ比=2.94、95%信頼区間:1.40~6.17)。
・血小板機能を年齢別に3群で比較したときも同様の傾向が観察された。

(ケアネット)

原著論文はこちら

Shim SH, et al. Am J Ophthalmol. 2015 Sep 14. [Epub ahead of print]

Categorised in: 未分類