お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2015年10月31日

7141:江東区 中学校 杭データ改ざん 地図 場所 旭化成建材 この学校か?

江東区 中学校 杭データ改ざん 地図 場所 旭化成建材 この学校か?

これは江東区内小中学校の学校医も引き受けている私としても気になる話題です。担当校でも最近建て替え工事が行われた学校があります。2チャンネルのようなところでそれを論じているものがないか野次馬的な興味で探してみました。

そうしたら、見事に「2015/10/31 われこマップ」http://www.wareko.jp/wordpress/?p=2020#comment-100という記事がありました。

その記事によれば、
『旭化成建材による杭打ちデータ不正流用事件であるが、横浜市青葉区の市立あかね台中学校に次いで、東京都江東区の区立中学校の改修工事に於いて、46本の杭打ちデータの1本で不正が発覚したというニュースが流れた。データが別のデータと完全に一致していたそうだ。

学校名は公表されていない。

不正流用の詳細は以下の通り

•旭化成建材が3年前に校舎改築工事を行った区立中学校

•区によると、旭化成建材が過去10年間にくい打ち工事を実施した区有施設は保育園1、小学校4、中学校2の計7施設。
•切り貼りの形跡はなかったが、電流計の波形図や掘削深度、電流量など6種類の数値が完全に一致した。
•施工日と杭の番号が異なるだけで、いずれかのデータを転用した疑いがある。

この江東区立中学校がどこなのか気になるのはワテだけではないだろう。』
と言っています。

このような工事は元受け会社名までしか出てこないので、下請けの会社までは公表データではわからないのですね。このブログの著者、まあよく調べたものですが、この工事なら46本という「杭の数が合う」と言っています。

 その結果によれば、「私が学校医を引き受けていて、この数年内に改築工事が行われた中学校」ではなかったようです。
ご興味のある方は元記事 http://www.wareko.jp/wordpress/?p=2020#comment-100 をご覧ください。

Categorised in: 未分類