お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2015年10月26日

7121:ニンジンが眼の老化に有用:

20151021_w01
健康美容EXPO健康美容ニュース ニンジンが眼の老化に有用

ニンジンが眼の老化に有用 20151021

昔から「ニンジンは眼によい」と言われてきたが、最新の研究がそれを裏づけることになった。米ハーバード大学公衆衛生学部(ボストン)大学院生のJoanne (Juan) Wu氏らの研究で、カロテノイドと呼ばれる色素が、加齢黄斑変性(AMD)という眼疾患の予防に役立つ可能性が示唆された。この色素はニンジンや赤パプリカでは赤色やオレンジ色、ホウレンソウやブロッコリーでは濃緑色を呈する。

AMDは、特に高齢者では視力低下の最も一般的な原因の1つ。Wu氏らは1984年または1986年から2010年まで、50歳以上の女性6万3,000人超、男性約3万9,000人を追跡した健康調査のデータを検討した。対象者は全員、看護師か医療従事者だった。試験期間中、対象者の約2.5%が中等度または高度のAMDを発症した。(以下続く)

清澤のコメント:この手の栄養素のサプリメントとしての有効性のお話としてはエイレッズの1と2という研究が有名です。ルテインおよびゼアキサンチンというカロテノイドの
加齢黄斑変性への予防効果は既に眼科領域では常識と言ってよいでしょう。

  --続きです-
ルテインおよびゼアキサンチンというカロテノイドの摂取量が最も多かった群では、最も少なかった群に比べ、高度AMDリスクが40%低かった。ルテインは卵や色の濃い葉野菜、ゼアキサンチンはトウモロコシや黄パプリカなどに含まれることが特徴で、いずれの成分も眼の黄斑に集中的に存在し、酸素や光による損傷を予防すると考えられている。

Wu氏は、「βクリプトキサンチン、αカロテン、βカロテンなど他のカロテノイドも予防効果をもつ可能性がある」と話す。これらの摂取量が最も多かった群では高度AMDリスクが25~35%低かった。ただし、カロテノイドと中等度AMDには関連性は認められなかった。

本研究結果は「JAMA Ophthalmology」オンライン版に10月8日掲載された。(HealthDay News 2015年10月8日)

http://consumer.healthday.com/eye-care-information-13/eye-and-vision-problem-news-295/carrots-do-help-aging-eyes-study-shows-704034.html
Copyright © 2015 HealthDay. All rights reserved. 

2015年10月21日 09:57 [高齢者の健康]
  --引用終了--

Categorised in: 未分類