お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2015年10月25日

7120:清澤眼科医院通信 1769 ほか

7120:清澤眼科医院通信 1769 ほか
 
管理頁
ーーーー
imagesPHVZW18G
ハロウィーンは、元々日本にあったコスプレ文化をうまく取り入れ、子どもがお菓子をもらうために近所をまわる“ご近所コミュニケーション”から、大規模なパレードや仮装パーティーで盛り上がる“秋祭り”へと変貌を遂げた。SNSで拡散され、全国区となり、すでに国民の認知度は100%近いという。今後も市場は拡大を続けるのだろうか。

 「実はハロウィーンの盛り上がりは、AKB48の人気上昇にリンクしている。じわじわ浸透してきて、ここ数年で一気に爆発した。日本人は大勢で同じ格好をすると落ち着くんです。みんな同じ衣装で歌って踊るものが好き。今年、AKBが『ハロウィーン・ナイト』という新曲を出したことで、ますます確信しました」(日本記念日協会の加瀬清志代表理事)

 山下達郎の『クリスマス・イブ』、国生さゆりの『バレンタイン・キッス』のように、AKB48の『ハロウィーン・ナイト』も定番ソングになるかもしれない。

清澤のコメント;毎年10月31日に行われるとのこと。平日ならちょっとコスプレ装飾の一部をその日に職員に付けさせるのも面白そう。
もっと深く学びたい方へ:14分掛かりますが。

ーーーー
7097 パンプキンに眼瞼痙攣の紹介記事が出ました。PCで図をクリックすると拡大できます。(テキスト掲載は準備中です)

パンプキン 表紙

パンプキン 1

パンプキン 2

パンプキン3

元記事にリンク https://www.kiyosawa.or.jp/archives/54535033.html
ーーーー
7115:スウェーデン 学校襲撃 “人種差別的な動機で”
K10010280641_1510240201_1510240229_01_03
スウェーデン 学校襲撃 “人種差別的な動機で”10月23日 21時48分

眼科医清澤のコメント:多くの難民を受け入れている国でも不満を持つ人はいて、中にはこんな事件を起こす人もいるという事なのですね、名古屋からの帰りの新幹線内の文字ニュースで見て、私も衝撃を受けました。
  --記事の引用---
北欧のスウェーデンで刃物を持った男が学校に侵入し男子生徒など2人が刺されて死亡した事件で、地元の警察は、男が人種差別的な動機で事件を起こしたと明らかにし、シリアなどからの難民や移民を積極的に受け入れているスウェーデン国内に衝撃が広がっています。

スウェーデン西部の都市、トロールヘッタンでは22日、覆面をして刃物を持った男が学校に侵入し、男子生徒と補助教員の男性が相次いで刺されて死亡したほか、生徒など2人がけがをしました。男は、現場に駆けつけた警察官に射殺されました。
現地の警察の責任者は23日、「人種差別的な動機に基づいたヘイトクライムだと示すはっきりした証拠がある」と明らかにしました。男は21歳で地元に住んでおり、警察が男の自宅を捜索した結果、かつてのナチス・ドイツに関する映像などを所有し、人種差別的な考えを持っていたことが確認できたとしています。
トロールヘッタンは人口5万余りの工業都市で、事件が起きた学校にはおよそ400人が通学しており、移民の子どもたちも多いということです。
スウェーデンはシリアなどからの難民や移民を積極的に受け入れていて、その数はことしに入ってすでに去年1年間を上回るおよそ10万人に上っていますが、財政負担の増加などに反発する声も出始めていたなかで今回の事件が起きたことにスウェーデン国内に衝撃が広がっています。 ーー引用終了ーー
ーーーー
7116:難民対応で国境封鎖も=欧州規模の対策要求-東欧3国

 【ソフィアAFP=時事】ブルガリア、ルーマニア、セルビアの3カ国は24日、ブルガリアの首都ソフィアで首脳会談を開き、中東などからの難民流入問題を協議した。ブルガリアのボリソフ首相は会談後、他の欧州諸国が難民引き受けなどで適切な措置を講じなければ、3カ国による国境封鎖もあり得ると警告した。
 欧州連合(EU)非加盟のセルビアにはここ数カ月間、トルコやギリシャを経由してドイツなどを目指す難民らが殺到。EU加盟国のハンガリーは難民流入を阻止するため、セルビアやクロアチアとの国境を封鎖し、スロベニアも同様の措置に踏み切る可能性を示唆している。
 ボリソフ首相は「われわれは自国を難民の『緩衝地帯』にするつもりはない」と指摘。難民問題をめぐり25日に開催される関係国首脳会議で、欧州規模の包括的対策を求める方針を表明するとともに、他の欧州諸国が国境へのフェンス設置などで難民閉め出しに動くなら「われわれも同時に国境を封鎖する用意がある」と強調した。(2015/10/24-22:34)

清澤のコメント:いよいよ緊迫してきているようです。
ーーーー

ーーーー
7117:生労働省医療技術評価のヒアリング報告(臨床眼科学会シンポジウム14)
images
厚生省ヒアリングの成果 座長 大橋裕一、山岸直矢

平成28年度診療報酬改定に向けた厚生労働省医療技術評価のヒアリングが8月20日に施行された。中央医療加盟学会が審議会の事務局である厚生労働省保険局医療課に外科系学会社会保険委員会連合(外保連)重点要望したい医療技術と医療材料(新規、改訂)を説明する機会であると。各学会の主張した項目は以下の通りですと。

日本眼科学会:(村上晶)
○ 新設希望:1)精密視力検査(コントラスト感度など)、2)涙道内視鏡検査、3)局所黄斑網膜電図、4)精密全視野網膜電図、5)広画角傾向眼底写真
○改正希望:1)コンタクトレンズ検査料適正化、2)屈折検査の回数制限緩和、3)ロービジョン検査判断料施設基準緩和、4)眼底3次元画像解析の回数制限緩和
○医療材料 1)円錐角膜用ハードコンタクトレンズ、2)デスポーザブル超音波乳化吸引セット。3)デスポーザブル硝子体手術セット。

日本眼科医会(野中隆久)
抗VEGF抗体の使用量の増加の影響で眼科医療費の伸びは大きい。
基本的な眼科検査料の包括化の阻止
水晶体再建術の点数維持もしくは増額

◎日本眼科手術学会(小早川信一郎)
 新設希望:炭酸ガスレーザーを用いた眼瞼内反症手術

◎日本白内障屈折矯正学会(JSCRS 小早川信一郎)
○新設希望:1)トーリック眼内レンズ、2)水晶体嚢拡張リング

◎日本緑内障学会(冨田剛司、吉川で代読)
○希望:繊維柱帯切除術後の検査
○新設希望:角膜中央厚、眼圧日内変動、全貌漏出検査

◎日本弱視斜視学会(矢ケ崎悌司)
○新規項目 1)斜視の調節糸法、2)不等像視検査
○改正項目:1)他覚的回旋斜視角測定への適応拡大、2)知的障害児の眼科的検査、

◎日本網膜硝子体学会(飯田知弘)
○眼底直視下微小視野検査
○改正:1)眼底3次元画像解析の急性疾患に対する回数制限の緩和と眼底写真との同時施行制限の解除、2)広角眼底撮影加算
○材料新規:デスポーザブル硝子体手術セット

◎日本角膜学会(堀裕一)
前眼部3次元画像解析の先進医療から保険収載への移行、2)羊膜移植の増点

清澤のコメント:座長が通るかもしれないという項目を上の中からいくつか挙げておいででした。お楽しみに。
ーーーー
7112;カルテビューアーのランチョンセミナー無事終了しました。
info42
 本日は日本臨床眼科学会でお昼のランチョンセミナーでのカルテビューアーが有用な機械であるというセールストークをさせていただきました。ご来臨の先生方に感謝申し上げます。実際にすでに導入されている先生方も多かったようですが、160席ほどの会場は満席で、立ち見の観客まで居るという盛況でした。朝一番8時には残席ありでしたが、9時過ぎには残りの入場券も無くなっていたそうです。大慶至極。

カルテビューア―
 カルテビューアーは江戸川区の京葉電子工業というベンチャー企業が作っており、毎日発生する紙カルテをスキャンしてPDFとして保存し、診療時にはそれを当日のデータと共に閲覧するというシステムです。眼科以外では電子カルテがほぼ半数の診療施設に入っていますが、眼科での普及率はたった5%とのことです。それに変わって普及が期待されるのがこのカルテビューアー。導入資金は5分の一ともいう事です。

 本日一番驚いたのは竹内忍先生の格好の良いエレガントな衣装。帽子、ジャケット、タイ、靴までピカピカでなんというチャーミングさ。かくはありたいものです。先ずはわたくし以外のお二人の演者の真面目なお話。PDFを作り、それに毎日認証のスタンプが押されて、原本は数か月後には廃棄できますから、実質的にはカルテ室が要らなくなります。

 パンフレットは近日中にJPEGにしてこのブログでもみていただきましょう。そのうちユーチューブでご覧戴けるでしょうけれども、まだ動画の公開はされていません。

元記事にリンク https://www.kiyosawa.or.jp/archives/54537255.html)
ーーーー

ーーーーー

ーーーー
「こころ」が原因で視力低下、子どもに多い「眼心身症」とは池上 司 精神科医:記事の紹介です

  ーー引用開始ーー
心理的ストレスによって目の機能に障害が出ることも

「こころ」が原因で視力低下、子どもに多い「眼心身症」とは日常生活で社会的、または心理的なストレスによって、眼の機能に障害が出る場合、これを「眼心身症」といいます。眼心身症では、眼そのものはもちろんのこと、視神経や大脳の視覚野などにも異常はありません。「見る」という機能が障害されるのみで、言わば「眼のノイローゼ」とでも表現できます。(中略)学校の定期健康診断で発見され、眼科医が治療

心因性視力障害では、視力低下は0.4~0.6など比較的軽度ですが、眼鏡の使用などでは全く改善されません。半数以上の子どもは眼が見えづらいことに気付いておらず、多くは学校の健診で発見されます。8~12才の思春期にさしかかろうとする年齢に発症のピークがあり、女子は男子の3~4倍の頻度であるとされています。視力低下が軽度のため生活には支障のないことが多く、ピアノの練習時、嫌いな科目の授業、テストの時だけ見えづらくなる場合なども珍しくありません。原因となるストレスとしては、やはり母子関係、両親の不仲、お稽古事、塾、いじめなどが多いようです。

また、この病気はメンタルが要因とされるにもかかわらず、一般の精神科外来では滅多にお目にかかりません。すなわち、ほとんどのケースは学校の定期健康診断で発見され、眼科を受診して診断を受け、かつ眼科医が治しているのです。

治療で大事なことは、子ども・親と主治医の信頼関係(中略)

子どもが悲鳴をあげていることに親が気付くことが大切(後略)

--引用終了---

眼科医清澤のコメント:私も心因性視力障害には少なからぬ興味を持っています。重要なのは本当の眼の病気に対して「心因性」と誤った診断をつけてしまわぬこと。また似た病態に疾病利得を得ようとする詐病の場合もありますのでご注意ください。

関連記事
1)
2015年03月01日
6324:心因性視覚障害の診断 清澤源弘:日本の眼科。眼科医の手引きからhttps://www.kiyosawa.or.jp/archives/54348370.html

記事全文にリンク:

ーーーー
臨床眼科学会会場でお買い上げいただくべき書籍のご案内;

7105:眼科開業医のための診療・連携ポイント30 ご案内

眼科開業医のための診療・連携ポイント30 表紙
私の担当は第2章。変顔で頑張っています。
眼科開業医のための診療・連携ポイント001

記事にリンク:https://www.kiyosawa.or.jp/archives/54535484.html

Categorised in: 未分類