お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2015年10月24日

7112;カルテビューアーのランチョンセミナー無事終了しました。

info42
 本日は日本臨床眼科学会でお昼のランチョンセミナーでのカルテビューアーが有用な機械であるというセールストークをさせていただきました。ご来臨の先生方に感謝申し上げます。実際にすでに導入されている先生方も多かったようですが、160席ほどの会場は満席で、立ち見の観客まで居るという盛況でした。朝一番8時には残席ありでしたが、9時過ぎには残りの入場券も無くなっていたそうです。大慶至極。

カルテビューア―
 カルテビューアーは江戸川区の京葉電子工業というベンチャー企業が作っており、毎日発生する紙カルテをスキャンしてPDFとして保存し、診療時にはそれを当日のデータと共に閲覧するというシステムです。眼科以外では電子カルテがほぼ半数の診療施設に入っていますが、眼科での普及率はたった5%とのことです。それに変わって普及が期待されるのがこのカルテビューアー。導入資金は5分の一ともいう事です。

 本日一番驚いたのは竹内忍先生の格好の良いレガントな衣装。帽子、ジャケット、タイ、靴までピカピカでなんというチャーミングさ。かくありたいものです。先ずはわたくし以外のお二人の演者の真面目なお話。PDFを作り、それに毎日認証のスタンプが押されて、原本は廃棄できますから、実質的にはカルテ室が要らなくなります。

 お二人に続き、私は制作して戴いたビデオを放映して戴いただけだったのですが、主演の私が感心してもいけないのですが、良い出来のビデオでした。台に上って質問にお答えするだけで、十分に緊張して疲れ切ってしまいました。会の後、旧友とお茶を飲むだけで精一杯。夕刻には東京に退散してまいりました。

 患者さん役でビデオに出てくださった京葉電子工業のHさんによれば、今年の京葉電子のイベントとしてはこれが最大だろうとのことです。急に引き合いが増えて、という訳にも行きますまいが、これを機会に導入を考えてくださる方が居たら素晴らしいがと思った次第です。

 パンフレットは近日中にJPEGにしてこのブログでもみていただきましょう。そのうちユーチューブでご覧戴けるでしょうけれども、まだ動画の公開はされていません。

なお、出来た動画を見るとおかしなところが多々あります。先ずはビデオ撮影ですから、細隙灯は室内も明るくし、スリットにしないでデフューザー照明を点灯して撮っています。また、わたくし以外の女子職員は名札を外していますし、モデルの患者名「清澤ひとみ」さんも、ももちろんダミーの氏名です。

Categorised in: 未分類