お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2015年10月14日

7075:三井不動産、施工不良でマンション傾く、横浜市調査

G20151014011320720_thum
施工不良でマンション傾く くい打ちデータ使い回し、横浜市調査

施工不良でマンション傾く 大型マンションの渡り廊下
施工不良で手すりにずれがあると判明した大型マンションの渡り廊下(中央)=横浜市都筑区 Photo By 共同 

 三井不動産グループが販売した横浜市都筑区の大型マンションで、施工不良から建物が傾き、国土交通省や横浜市が建築基準法違反の疑いもあるとみて本格的な調査に乗り出したことが14日、分かった。(中略)

 三井住友建設はデータ使い回しの調査を進めているとした上で「施工会社としての責任を痛感している。居住者の安全確保を最優先に、必要な対策工事も含め、誠実に対応する」としている。

 くいの施工ミスによるマンションの傾きは、住友不動産が販売した横浜市西区のマンションでも昨年、明らかになった。

清澤のコメント:住友不動産だの三井不動産だ野のような筋の良いはずの企業でこれでは困ったものです。精々しっかりと責任を取っていただきましょう。このようなうわさが一旦立てば、その転売価格にも大きな影響が出ることでしょう。

Categorised in: 未分類