お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2015年10月11日

7060:米、遺族らに「見舞金」支払いへ アフガン病院誤爆:の記事です

7060:米、遺族らに「見舞金」支払いへ アフガン病院誤爆:の記事です

2015.10.11 Sun posted at 10:41 JST

空爆により病院が破壊され、22人が死亡した=MSF(国境なき医師団)

(CNN) アフガニスタン北部クンドゥズで先週、国際医療支援団体「国境なき医師団(MSF)」の病院が誤爆された問題で、米国防総省のピーター・クック報道官は10日、負傷者と死亡した22人の遺族に「見舞金」を支払うことを発表した。金額は未定。

クック報道官は「もし必要かつ適切であれば、政府は米連邦議会に追加の権限を求める」としたうえで、見舞金は「負傷した非戦闘員民間人と、米国の軍事作戦の結果として死亡した非戦闘員民間人の遺族」に支払われると述べた。

オバマ米大統領は先ごろ、MSFの会長に電話で謝罪していた。

誤爆は3日に発生し、医療スタッフ12人と、子ども3人を含む患者少なくとも10人が死亡。MSFによると、この他にも37人が負傷した。

アフガン駐留米軍のキャンベル司令官は、病院は米軍による空爆の最中に偶発的に爆撃されたとしている。米国防総省のほか、北大西洋条約機構(NATO)、アフガニスタン当局が調査を行っている。

一方、MSFは誤爆を「(戦争時の医療施設保護などを定めた)ジュネーブ条約への攻撃」としており、独立機関による透明性を伴った完全な調査を要求している。

清澤のコメント:米軍の傲慢さが端的に表れた事故でしょう。確かにこの爆撃は世界に米国の善意を疑わしめる重大性を持つものです。米国大統領として今回の爆撃を実行してしまったことの責任者を明らかにして、処罰までを明らかにすべきであろうと思われます。それがこの事件の再発を防ぐ唯一の予防策でしょう。この相手がMSFでなかったら、これも沖縄における不良米軍人の起こす事件の様に闇に葬られてしまったことであろうと感じられました。

Categorised in: 未分類