お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2015年10月1日

7034: 日常的に活用できる防災ブック「東京防災」が配布されました。

東京防災
都は、各家庭において、首都直下地震等の様々な災害に対する備えが万全となるよう、一家に一冊常備され、日常的に活用できる防災ブック「東京防災」を作成し、都内の各家庭宛てに、9月1日より順次配布を開始します。

 今後、配布に向けて、マスコットキャラクターの「防サイくん」などを活用し、車内ディスプレイやデジタルサイネージなど様々な広報手段を用いて事前広報を展開していきます。

 この東京仕様の防災ブックである「東京防災」の活用により、世界一安全・安心な都市“東京”の実現に向け、都民の「自助・共助」の力をさらに向上させていきます。

 本の内容は大まかに、
1. 大震災シミュレーション(地震発生の瞬間から避難、復興までをシミュレート)
2. 今やろう 防災アクション(今すぐできる災害の備え)
3. そのほかの災害と対策(地震以外の東京に潜む様々な災害と対策の解説)
4. もしもマニュアル(災害発生時に役立つ知恵や工夫をイラスト付きで解説)
5. 知っておきたい災害知識(災害に関する知識のまとめ)
6. 漫画 TOKYO“X”DAY(かわぐちかいじ氏オリジナル漫画)

 で構成されており、冊子全てを合わせると約300ページというボリュームです。発災時にどう身を守るかといった情報はもちろん、大震災発生後の物資の少ない状況の中でどう生活するかといったサバイバル知識も紹介されています。かわぐちかいじさん作の漫画まで掲載するなど、幅広い市民に興味を持ってもらおうという制作者の姿勢が感じられますね。

清澤のコメント:まさにその通り、当医院はBCP(buisiness continuity plan)などもたてて準備しています。今日の夕刻から明日の朝にかけては、徒歩通勤者を優先して職場への定時出勤者を確保します。

Categorised in: 未分類