お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2015年9月10日

6955:アンテリオ・医師調査 6割が治療記録する患者「いる」 診療に好影響 アプリ活用は1割未満

imagesGPAYFALQ
アンテリオ・医師調査 6割が治療記録する患者「いる」 診療に好影響 アプリ活用は1割未満:という記事がありました。
公開日時 2015/09/09 03:50

ヘルスケア専門の市場調査を行うアンテリオが、クリニック勤務医を対象に行った調査によると、59%が治療などの記録を手帳に記録している患者がいると回答し、その多くが患者による治療記録は服薬コンプライアンス、スムーズなコミュニケーションなど診療に好影響があるとみている。

(清澤のコメント:患者さんが医師の説明をメモしようとすることが増えており、多くの医師はこれを好意的にとらえているというお話です。糖尿病眼手帳のようなものあるいは自分の手帳などが良いでしょう。私からご注意申し上げるとすれば、隠れて録音機のスイッチを入れるという印象を医師に与えるのは、御本人にとっても利益を生む行動ではありません。医師は説明に対して慎重になって、早く診療を終わらせようとしてしまうかもしれません。)

これは同社のQuick調査サービスを用いた自主企画調査。クリニック医師を対象に、6月にインターネットを用いて行い、102人から回答を得たもの。9月3日に発表した。

患者が記録している媒体の68%は医薬品・医療機器メーカーが作成した手帳で、次いで多いのが患者自身のノートやパソコンによる記録の48%。近年増えているスマホなどのアプリは1割未満だった。

患者の治療記録を自ら確認している医師53人のうち、過半数が「患者のコンプライアンスが保たれる」「薬の増減や変更などの治療の調整がしやすい」「異常や症状の悪化に気づきやすい」「患者とのコミュニケーションがスムーズ」になると回答した(複数回答)。

Categorised in: 未分類