お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2015年8月9日

6868:中央環状線品川線を通行しました。:

今朝は横浜港と中華街に足を延ばしてみました。
行きは都心環状線から湾岸線に入って横浜港へ。
午前中は曇り空で港の脇の山下公園を散歩するには暑くなくて好適。

images
今年の夏休みにと計画しかけながら、話が流れてしまった飛鳥Ⅱも停泊していました。ペットの持ち込み禁止で、氷川丸も湾内遊覧船も諦めて、中華街へ転進。人出が増えぬうちにと10時過ぎで帰宅の途に就きました。その時、空には入道雲が出ていましたから、今日は久しぶりに夕立が来るかもしれません。

帰り道は、中央環状線外回りで大井から西新宿(中央高速)までを一っ飛び。上の動画は同じ経路のユーチューブ画像です。先日カーナビのデータを入れ換えてもらったのですけれどこのデータはまだ入ってなかったので、道路の標示が唯一の便りでひやひやものでした。

 道路の流れは70キロくらいと早くて快適なのですが、
①景色が単調で飽きる(眠くなる人が出るのではなかろうか?)
②事故や火災が起きたときの救援には2車線が確保されてない所ではどうするつもりなのだろう?
③緊急時の避難は退避口が左側等間隔で用意されてましたが、反対側のトンネルに出るのでしょうか?

 事故は結構頻繁に起きそうな気がしますが、首都高速で車はバックできない構造ですから、果たして事故の時の後続車の退避は大丈夫なのか?等と、どうでもよいことを考えながら走ってきました。

 最近は運転をしなくてもよいならば運転しないで済ませたいと思うことが多くなりました。

 高円寺に帰着したら、まだ12時前でしたから、確かにこの首都高中央環状線は従来の道に比べると、とても速いです。

 考えて見ると、南砂町の当眼科医院の診療所は湾岸線部分を併せた中央環状線の輪の中と言うことになります。

 ついでに中央環状線と安全策で調べてみました。(⇒記事にリンク https://www.kiyosawa.or.jp/archives/54477814.html)

Categorised in: 未分類