お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2015年7月26日

6825:東北大学萩友会は、同窓生15万人だそうです。

東北大学萩友会(しゅうゆうかい)は、15万人におよぶ同窓生に加えて、在校生、現旧の教職員、そして在校生のご家族を会員とし、「東北大学コミュニティ」の連帯意識の醸成・強化などを目指していきます。

各地区での交流会(講演会・懇親会)を通し、最先端の研究を紹介しながら、東北大学および東北大学萩友会の活動に理解を深めていただくことで、「東北大学コミュニティ」を醸成しております。

2015年7月26日(日)サピアタワー5階(東京ステーションコンファレンス) で今回の萩友会関東交流会は東北大学、東北大学萩友会、東北大学基金、東北大学関東萩友会の主催でおこなわれました。

◇挨拶・東北大学の現状 東北大学総長/東北大学萩友会長  里見 進

 東北大学は、建学以来の「研究第一主義」の伝統、「門戸開放」の理念及び「実学尊重」の精神で人類社会の持続的発展に貢献してきた。2014年には「東北大学グローバルビジョン」をまとめた。昭和26年度文部科学省スーパーグローバル大学等事業において、トップ型13大学のひとつに採択された。海外有力大学との強い連携のもと、世界十指に入る学問領域を拡大するとともに、新学術領域を加えた七つの分野からなる「国際共同大学院プログラム」を実施してゆく。10年後には世界から尊敬される「世界30傑大学」の一員となることをめざす。

東北大学の高い教育評価:
朝日新聞出版「大学ランキング2015年度」
「総合評価」10年連続 一位東北大学
「進学して伸びた」8年連続 一位東北大学

◇東北大学と萩友会の活動紹介 東北大学副学長/東北大学萩友会代表理事 青木 孝文

災害と人間の心理
-災害対応力を高めるために-
東北大学災害科学国際研究所・教授   邑本 俊亮 (別記事にリンク)

災害ロボットの挑戦
東北大学大学院情報科学研究科・教授  田所 諭

眼科医清澤のコメント:
同級会の関東支部会を開こうかとネットで先月全国の同級生にお知らせしたところ、仙台在住の同級生A君が本日の全学同窓会の開催を教えてくれました。会員資格のある人は自動的に会員とし、年会費1000円を払うとプレミアム会員として新聞などの連絡を送るというユニークなシステムなのだそうです。それは、東北大学には全学同窓会が最近までなく、現在は下部組織になった各学部学科の同窓会だけがあったという経緯に依るのでしょう。

私は1978年卒業ですから、もう37年前と言うことになります。今回、旧制第2高等学校の伝統を引く農学部が北6番町から青葉山地区に移転し、その跡地は売却されます。また12月には仙台市営地下鉄東西線が開通し、東北大の川内キャンパスから青葉山キャンパスまでの中に国際センター、川内、青葉山の3つの駅が出来るそうです。

仙台は学生を大事にしてくれる町でした。今でもその伝統を生かしつつ、震災からの復興をきっかけとして、全学一丸となって社会に奉仕する大学を目指す姿勢を伝える里見学長の挨拶には、卒業生としての誇りと喜びを感じ、また感銘を受けて帰って来ました。

Categorised in: 未分類