お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2015年7月25日

6821 ♪ マンチェスターとリバプール

マンチェスターと言えば、という事での話題です。私が15歳のころの曲ですが今も耳に残って居ます。

【日本では 「 恋の季節 」 を歌っていた 「 ピンキーとキラーズ 」 がブレイクしていた1968年、

イギリスでは 「 ピンキーとフェラス 」 が 「 マンチェスターとリバプール 」 でデビューを果たしました。

偶然にも女性ボーカルの名前はピンキー、レコード会社も同じキングレコード、メンバー構成もほとんど同じです。

と言う事かどうか日本ではヒットしましたが、イギリス・アメリカではあまりパッとしなかったと言います。

日本では1968年10月に30万枚を売り上げ、ヒットチャートNo.1を5週間続けました。

もの悲しいけれどリズミカルなリズムとマイナーの美しいメロディは、やはり日本人の琴線に触れたようです。

フランスでは 「 Marie Laforet ( マリー・ラフォレ ) 」 が失恋の悲しみを歌う同曲をヒットさせています。

懐かしい古さと、甘酸っぱい新しさが同居した不思議な魅力を持った一曲です。

この歯切れの良い、ユニークなリズムにのせた郷愁を感じさせるフォーク・ロック調のナンバー 「 マンチェスターとリバプール 」 は、フランスのポップス界の巨匠 「 アンドレ・ポップ ( Andre Popp ) 」 の作品で、私もお気に入りの1曲です。】(http://www.sk-01.com/singer/pinkyfellas.htmlから)

Marie Laforêt – Manchester et Liverpool

Manchester et Liverpool
Je me revois flânant le nom des rues
Au milieu de cette foule
Parmi ces milliers d’inconnus

Manchester et Liverpool
Je m’en allais dans tous les coins perdus
En cherchant ce bel amour
Que près de toi, j’avais connu

Je t’aime, je t’aime
Que j’aime ta voix qui me disait
Je t’aime, je t’aime
Et moi, j’y croyais tant et plus

Manchester est d’humeur triste
Et Liverpool vient pleurer sur la mer
Je ne sais plus si j’existe
Les bateaux blancs craignent l’hiver

Manchester est sous la pluie
Et Liverpool ne se retrouve plus
Dans la brume d’aujourd’hui
L’amour, lui aussi s’est perdu

Je t’aime, je t’aime
J’écoute ta voix qui me disait
Je t’aime, je t’aime
Et je n’y croirai jamais plus

Lalalalalala…

意訳

マンチェスターとリバプール
私は思い出のある名前の通りを歩いている
この群衆の中
知らないたくさんの人ごみの中を

マンチェスターとリバプール
私はどこまでも行って来ました
失くしてしまった美しい愛を求めて
私が知っていたあなたを

愛しています、愛しています
独り言の、あなたの声
愛しています、愛しています
私は繰り返し、何度も思ったの

マンチェスターは悲しみを感じて
リバプールは、海の上で泣いている
どうしていいか分らない
白い船は冬を恐れている

マンチェスターは雨の中
そして、リバプールは、もう見つからない
今日の霧の中
愛も失ってしまった

愛しています、愛しています
独り言の、あなたの声に耳を傾ける
愛しています、愛しています
あなたが居ないのは分っているけれど

Lalalalalala …

Categorised in: 未分類