お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2015年7月23日

6812 湾岸戦争症候群

jd-pr-039湾岸戦争症候群

清澤のコメント:desert storm syndromeという言葉を聞きました。湾岸戦争のうちの一部に「砂漠の嵐作戦」(このほかに砂漠の盾作戦があります)というものがあるのですが、そこからの言葉のようです。その単語自体の解説は見つかりませんが、もう少し広い概念で、湾岸戦争症候群という言葉がありました。下記はそのメルクマニュアルの記載です。
下記の湾岸戦争症候群報告書によるとこの病気は、複数の症状が併発する複雑な症状を示し、典型的な症状は、持続的な記憶障害と集中力の低下、慢性的な頭痛、全身的な疼痛、消化器系疾患、診断が確定できない慢性的なその他の異常症状とされています。どうも目の不快感というのもありそうです。その原因としては、他の戦争への従軍にも共通する心理的ストレスは既に除外されており、様々な化学物質に対する過敏症他が想定されていますが、答えは出てはいないようです。

〇湾岸戦争症候群報告書(http://www004.upp.so-net.ne.jp/x2f/GulfWarSyndrome.html) というものがありました。
 2008年11月17日、アメリカの湾岸戦勝症候群調査委員会(Research Advisory Committee on Gulf War Veterans’ Illnesses)は、465ページからなる湾岸戦争病と湾岸戦争に起因する健康問題の報告書(Gulf War Illness and the Health of Gulf War Veterans Scientific Findings and Recommendations)を発表した。その内容はhttp://sph.bu.edu/insider/racreportで公開されている。

メルコマニュアルの記載の転載
湾岸戦争症候群は、1992年の湾岸戦争で戦った米兵、英兵、カナダ兵のうち10万人を超える帰還兵が経験したさまざまな症状から成っています。

•湾岸戦争に従軍した帰還兵の中に、さまざまな症状を示す人がいます。
•帰還兵は多様な、おそらくは有害な物質に曝露していますが、原因は不明です。
•大半は神経系の症状です。
•この症候群は、入院の必要性を高めたり、死期を早めるものではないようです。

湾岸戦争症候群はまだ十分に解明されていません。ペルシア湾からの帰国後数カ月以内に、米国、英国、カナダの異なる部隊の帰還兵が、頭痛、疲労感、不眠、関節痛、胸痛、皮膚の発疹、下痢などさまざまな症状を訴え始めました。しかしほとんどのケースで、患者が訴えた頭痛や吐き気などの症状は、医師による客観的な確認を得られませんでした。皮膚の発疹など症状が確認できたケースでさえ、原因の特定には至っていません。

湾岸戦争症候群の原因は不明です。湾岸戦争で戦った兵士の多くは化学兵器、劣化ウラン兵器、殺虫剤、油田火災による煙など、多数の有毒性のある物質に曝露しています。また、刺激性の強い石油精製品、放射能や有毒ガスによる汚染を除去する除染液、さまざまな空気中の浮遊物質などに曝露してアレルギーを起こした可能性もあります。湾岸戦争での生物戦に備えて米兵は炭疽菌の予防接種を受けており、この予防接種が原因である可能性も指摘されていますが、このワクチンは米兵以外で接種を受けた人には湾岸戦争症候群の症状を引き起こしていません。化学兵器による致死的影響を防ぐために使用されたピリドスチグミン錠も可能性のある原因の一つとして指摘されています。しかしいずれの要因も、湾岸戦争症候群と関連しているとはっきり証明されているわけではありません。有毒物質に曝露しても症状を示さない人は多数おり、また症状を示しているのに有害物質への暴露が確認できない人も多数います。

症状
症状は主に神経系です。記憶力、論理的思考力、集中力、注意力などの低下、不眠、抑うつ、疲労感、頭痛などがあります。その他の症状には、身の回りを認識する能力(見当識)の喪失、めまい、勃起障害(インポテンス)、筋肉痛、筋肉疲労、脱力感、チクチクする感覚、下痢、皮膚の発疹、せき、胸痛などがみられます。

診断、治療、予後(経過の見通し)

診断と治療の方法は確立されていません。このため、医師は症状の緩和に重点を置きます。

湾岸戦争症候群の症状を訴える帰還兵たちは、同世代の人と比較して入院率や死亡率が特に高いということはありません。

原書最終査読/改訂月 2008年12月
—-
ガルフ・ウォー (映画)

監督 ロッド・ホルコム

脚本 ジョン・セイクレット・ヤング

公開
アメリカ合衆国の旗 1998年5月
日本の旗 劇場未公開

『ガルフ・ウォー』(Thanks of a Grateful Nation)は、1998年にアメリカで製作された、湾岸戦争を舞台にした生物兵器の使用や湾岸戦争症候群の謎に迫る戦争映画である。

概要

1991年の湾岸戦争終結後、帰還した10万人を超える米兵が頭痛・不眠症等に悩まされた。俗に言う湾岸戦争症候群である。症状は家族にも及び、命を落とす者も出た。原因は生物化学兵器・劣化ウラン弾の影響が指摘されたが、現在に至るも不明なままである。大きな社会問題として取り上げられたが、アメリカ政府や国防総省は化学兵器の使用はおろか、湾岸戦争症候群の存在さえも公式には認めてはいない。

本作品では、体験者等へのインタビューや証言、実際の映像と再現映像にて構成されている。

Categorised in: 未分類