お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2015年7月18日

6791 Invention Factory:ロボットはどこまで進化する?| GE

#3:ロボットや機械も、生態系の立派な構成員に
Invention Factory: ロボットはどこまで進化する?|Presented by GE
(http://gereports.jp/post/123533030799/snapshot-of-the-future)
tumblr_inline_nr5fl1MZwd1sipsxi_540
2100年の都市の居住者は人間だけではありません。ロボットや機械もその生態系を構成するようになっていきます。シスコ社は、2020年までに500億台もの機器がインターネットに接続すると予測しています。インターネットにつながる機械と人間の比率は、もはや2020年の時点で10:1になるとか。2100年の予測値はまだありませんが、信じられないほどの数の機器がインターネットに繋がることを、疑う余地はありません。

人工知能の発展と相まってネットワーク化される恐らく数兆台規模の機器たちは、人々の活動を理にかなったものにしてくれます。シリコンバレーのシンクタンク・未来研究所の研究者、アレッサンドロ・ボト氏は「そうした機器は、人間やその周辺環境と一体になり、都市のなかで人々とシームレスに繋がって“あたりまえ”に人と共存するようになるはず」と言います。

Categorised in: 未分類