お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2015年7月10日

6764 フェムト秒の天使の光 Fairy Lights in Femtoseconds

YouTubeで50万回再生を超えた「Fairy Lights in Femtoseconds」は現代の魔法!?

2015年7月7日加来 秀一

清澤のコメント:今日の目の話題はフェムト秒レーザー。これは最新の白内障手術にも使われている技術です。「指先で触れる分には安全だが、目に入ると危険であるため、安全対策も実用化には課題となる。」

Fairy Lights in Femtoseconds

『YouTubeで300万回再生「東大開発の新技術」がまるで魔法』
“21世紀の魔法使い”こと筑波大学助教の落合陽一氏の研究チームが、再び世界を騒がせている。何もない空中に映像を浮かび上がらせ、指で触れることができるという“魔法”だ。題して『Fairy Lights in Femtoseconds』。

空中に映像が浮かび上がる

動画を見ると、何も無い空中に光りの粒が回転している。しかし指先が触れると発光して変形するという反応を示すのだ。そこには何かが存在しているのだろうか。インタラクティブな発光体である。

レーザー光を空間のある位置に集中させて照射すると、そこにある空気分子がプラズマとなり発光体となるということらしい。

Fairy Lights in Femtoseconds仕組み
7fa7e22a2566a674f1b226dd927d39b8-690x388
単にレーザーを集中して照射させると危険なため、フェムト秒(0.000000000000001秒!)という短いパルスレーザーを使用しているという。そのため、発生したプラズマは触れても安全なのだという。ただ、触れると僅かな衝撃はあるため、「あ、触った」という感触が得られるようだ。

触れることができる立体映像

現在は3次元映像を見るためには、様々なレンズやディスプレイを使っているが、『Fairy Lights in Femtoseconds』ではいきなり空中に描いてしまうというところが画期的である。しかも触れるのだ。
 指先で触れる分には安全だが、目に入ると危険であるため、安全対策も実用化には課題となる。
出典 https://www.youtube.com/watch?v=AoWi10YVmfE

Categorised in: 未分類