お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2015年7月8日

6752『トランスポーター2』


全くの娯楽映画です。テロ目的で精製されたウイルスとそのワクチンというものが出てきました。呼吸器で感染するという辺りがMERSに似ていると思いました。韓国のMERSはもう終息したのでしょうか?

ウィキペディアでは:
『トランスポーター2』(仏題: Le Transporteur 2, 英題: Transporter 2)は、日本で2006年6月3日に公開された、リュック・ベッソン製作・脚本のカーアクション映画。

2002年の映画『トランスポーター』の続編。2008年には続編の『トランスポーター3 アンリミテッド』が公開された。

あらすじ

アウディ・A8に乗り、時計はオフィチーネ・パネライ、常に濃色の背広を身に纏いネクタイを締めた冷静沈着な男、フランク・マーティン。彼はどんな依頼品でも確実に届けるプロの運び屋として数々の契約を遂行してきた。

彼は運び屋から足を洗う決意でコート・ダジュールからマイアミへやってきた。ある日フランクの噂を聞きつけた連邦麻薬対策委員長ジェファーソン・ビリングスから、休暇に入った正運転手が復帰するまでの間だけ、6歳の息子・ジャックの通学の際の送迎を頼まれる。

この安全そうに思える依頼を例外として引き受けた彼に、麻薬カルテルの意を受けた国際テロリスト集団の魔の手が忍び寄る。

ジャックの自宅前に着いたが、車両に乗り込んできた女テロリストに銃で脅され指示通りに走り出した事から連邦保安官にまで追われるフランクだが、実は運転席に座るフランクの足に銃が突きつけられていたため両親には見えなかっただけであった。フランクは連邦警察とは別に事件解決とジャックの救出に乗り出す。

Categorised in: 未分類