お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2015年6月13日

6669 お嬢さん乾杯:1949年を見ました。

(予告編)
眼科医清澤のコメント:
 Huluで喜びも悲しみも幾年月の次に流れていたのがこのお嬢さん乾杯。監督は木下恵介で、制作が昭和24年です。知りませんでしたが、日本映画の代表作にも選ばれている名作です。丁度わたくしの両親たちの時代です。画面には銀座4丁目や皇居周辺(九段下)など見知った景色も出てきます。キャストにも今は亡き人々ですが、多くの見たことのある顔が出てきました。
 真面目な男性と戦争に翻弄され没落した家の御嬢さんの恋愛が清潔に描かれています。わたくしのイメージの中ではホームドラマの音尾さん役だった佐野周二がここではまだ若い役を演じていて素敵な映画です。ロマンティック・コメディ映画。第23回キネマ旬報ベスト・テン第6位。

お嬢さん乾杯!
左から原節子、佐野周二
主題歌 灰田勝彦「お嬢さん乾杯」

『お嬢さん乾杯!』(おじょうさんかんぱい!)は、1949年(昭和24年)3月9日公開の日本映画である。松竹製作・配給。監督は木下惠介、脚本は新藤兼人。モノクロ、スタンダード、89分。

あらすじ

没落華族の令嬢(原)が家の窮状を救うため、町工場の経営者(佐野)と見合いをし、互­いに惚れ合うまでを、アメリカ映画を思わせる洒脱なタッチで描く。バレエとボクシング­、ショパンとよさこい節といった対比による階級格差の強調、各シーンに欠かさず付けら­れる落ちなどに、喜劇映画への意欲的な取り組みがうかがわれる。[東京国立近代美術館­フィルムセンター]

石津圭三:佐野周二
池田泰子:原節子
祖父:青山杉作(俳優座)
祖母:藤間房子(東宝)
父:永田靖(俳優座)
母:東山千栄子(俳優座)
五郎:佐田啓二

Categorised in: 未分類