お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2015年6月3日

6632;緑内障患者の一次視覚野グルコース代謝は、視放線の異方性値と相関する

慶祝:数年かけて進めて来た村井秀樹を筆頭著者とする私たちの研究グループからの「緑内障においては視野、視放線でのMRIアニソメトロピア値そして視覚領皮質の糖代謝の間に有意な相関がみられる」という内容の論文がオンラインで既に Clin Experiment Ophthalmol.へ2015 Apr 22付で掲載されていたことが分かりました。印刷紙面への掲載はまだ完成していませんがPub Medでは出てきます。これで、私たちの緑内障に関するPETを用いた研究はひと段落です。
   --その概要です--
緑内障患者の一次視覚野の脳グルコース代謝は、視放線の異方性値と明らかに相関する。
村井H、鈴木Y,清澤M,徳丸AM,石渡K,石井K
抄録:
緑内障が単に眼疾患ではなく、中枢視覚路をも侵すことが、最近明白になった。本研究の目的は、緑内障患者の脳で、構造と機能的変化を調べることである。病院での症例対照研究:
対象:32例の緑内障患者と19例の健常対照者
方法:すべての参加者は、ハンフリー視野計30-2プログラム、拡散テンソル磁気共鳴映像法と18F-FDGポジトロン断層撮影を受けた。
視放線の微小な異方性値は、関心領域を指定することによって、2群間で比較された。
脳グルコース代謝は、統計パラメータのマップ作成ソフトウェアを使用して比較された。
相関係数は、両眼の半視野のトータル偏差の平均値と、対側視放線の異方性値ないし対側一次視覚野のグルコース代謝の平均価の間で算出された。
両側視放線の微小な異方性値は、緑内障患者で、有意により低かった。
両側の一次視覚野の有意なブドウ糖代謝低下も、緑内障群で観察された。
緑内障患者での回帰分析は、半視野のトータル変異の平均が対側視放線の微小な異方性値および対側一次視覚野のグルコース代謝と有意に相関することを証明した。
さらに、有意の相関が視放線の微小な異方性値と同側第一次視覚領のグルコース代謝との間に認められた。
我々は、緑内障患者の両側視放線での構造変化と、両側一次視覚野でのブドウ糖代謝低下を観察した。

Cerebral glucose metabolism in the striate cortex positively correlates with fractional anisotropy values of the optic radiation in patients with glaucoma.
Clin Experiment Ophthalmol. 2015 Apr 22; . PMID:25904022
Murai H, Suzuki Y, Kiyosawa M, Tokumaru AM, Ishiwata K, Ishii K

Abstract
It has recently become clear that glaucoma is not only an ocular disease, but involves central visual pathways as well.The purpose of this study was to examine functional and structural alterations in the brains of glaucoma patients.
Case-control study in a hospital
PARTICIPANTS:32 glaucoma patients and 19 healthy controls
METHODS: All participants underwent positron emission tomography with (18) F-fluorodeoxyglucose, diffusion-tensor magnetic resonance imaging, and the 30-2 program of the Humphrey Visual Field Analyzer.
Fractional anisotropy values of the optic radiation were compared between the two groups by defining regions of interests.Cerebral glucose metabolism was compared using statistical parametric mapping software.
The correlation coefficients were calculated between the average of the total deviation of hemi-visual fields of both eyes, fractional anisotropy values of the contralateral optic radiation, and glucose metabolism in the contralateral striate cortex.Fractional anisotropy values in the bilateral optic radiations were significantly lower in patients with glaucoma.A significant glucose hypometabolism in the bilateral striate cortex was also observed in the glaucoma group. Regression analyses for glaucoma patients demonstrated that the average of the total deviation of hemi-visual fields significantly correlated with both fractional anisotropy value of the contralateral optic radiation and glucose metabolism in the contralateral striate cortex.Moreover, there were significant correlations between fractional anisotropy values of the optic radiation and ipsilateral striatal glucose metabolism. We observed structural alterations in the bilateral optic radiations and glucose hypometabolism in the bilateral striate cortex of glaucoma patients.

Categorised in: 未分類