お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2015年5月22日

6584 実在医師になりすまし、無免許で診察300人超:だそうです

実在医師になりすまし、無免許で診察300人超:だそうです

2015年05月22日 11時41分

 仙台市青葉区の「ひまわりアイクリニック仙台」(廃院)で2013年12月~14年4月、実在する医師になりすました男性が診察を行っていたことが21日、分かった。

 医師免許を持たずに300~400人を診察したとみられる。市などに被害の報告は寄せられていないという。

 経営していた福岡市の医療法人「しんあい会」と仙台市によると、男性は医師専門の人材会社からの紹介で採用され、同クリニックで非常勤医として計9日間勤務し、コンタクトレンズの処方などを行っていた。今年1月、名前を使われた医師に男性の納税関係の書類が届いたことから、なりすましが発覚し、同法人は警察に伝えたという。

 同法人は「ご心配とご迷惑をかけ、申し訳ない」と謝罪している。

清澤のコメント;
SE製薬のMさんが、今日もブログネタになる眼の話題を教えてくれました。
面白いシチュエーションです。医師免許証には写真が付いてないので、今回の様に「別人が成りすます」ことが不可能ではありません。まだこの偽医者は見つかってはいないわけですね。
 自分が勤めてもいない診療所からの源泉徴収票が届いたという事で犯罪がばれてしまったのですね。①その医師本人の住所が使われていたという事で、まずその医師の住所を知りうる立場にいる人物だったという事。②また務める病院に渡す以外では普通は自分の医師免許をコピーさせたりはしませんから、犯人はこの医師免許のコピーを預かったことが有る「特定の診療施設」に近い人物という事になります。③さらに、周りが違和感を感じない程度に「コンタクトレンズ診療行為」の真似事が出来る程度の知識や経験のある人物という事にもなります。今後の捜査展開に興味が惹かれますが、ここまでで大分犯人像は絞られるのではないでしょうか。

ちなみに「ひまわりアイクリニック仙台」は既に閉院したとされていますが、「しんあい会」は福岡の個人診療所から始まって、年に何件もの分院を展開し続けて、今は23の診療所を擁する大所帯です。またその廃止されたという診療所の名前を調べると、隣接医院を紹介している有名な131店舗、社員347名、年商130億を擁するCコンタクトレンズのページが出てきます。「好事魔多し」、どちらの組織にとっても、とんでもない事件に巻き込まれて名前を汚されたという所でしょう。

Categorised in: 未分類